SSブログ

カタールワールドカップ振り返り 番外編 [毬]

あい^^。まだサブキからです('◇')ゞ

今回は、振り返り、番外編。

まずはじめに、番外編として気付いたことは、コレでしょうね(;^ω^)

半自動オフサイド.jpg

多くの人が違和感をおぼえた「半自動オフサイド」システム。

うにゅ…。はたして腕一本分のオフサイドを選手が実践レベルで制御出来るのか?w

まぁ…別に、デジタルに、しっかり判定が出来るならばソレでいいんですが…

このシステム、グループリーグの序盤では、

ちょくちょく上記のような画像がスタジアムにもテレビ画面にも映し出され、

そのたびに「え~~?これ、もう指一本とかでもオフサイドになるん?」とか、

「いや、、ジャッジング精度を高めたいのは分かるけど、時間かかりすぎ…」とか、

いろいろ言われて、結局、最初のころ以降、ほぼ画像が出なくなりました。笑

まぁ、なんだ、完全に試行失敗。今後主流になることはないでしょう(;'∀')

ソレとは別に、もうひとつ。こちらは、もしかしたら今後主流になりえる話。。

「ロスタイム」の長さ(o'∀')b  ロングロングロスタイム♪~3Lとかいいたくなる~w

試合中のロスタイム合算を、正確に行ったところ、

ロスタイムが14分とか…の試合もありました。┐(´∀`)┌。

まぁたしかに、、よくよく考えれば、この方がフェアですよね。

南米の選手などがよくやる時間稼ぎの「寝ころびタイム」も意味がなくなりますし、

ロスタイムの長さ次第では劇的な試合展開も起こる可能性が高い。

…ってか、、本来ロスした時間を正確に測ったんだから、劇的も何もないんですけどねw

逆に、、今までずっと…「そんなに、曖昧に計算してたんですか?」と、いいたくなります。笑

この事が原因となり、今大会では50分以降の得点が異常に多かったです。

あと…は、ジャッジングに関しては、いろいろと揉め事も起きましたが、

猫毬が以前から言っているように、ジャッジングの癖を早めに選手たちが判断する能力も実力。

ラグビーなんかでは寧ろ、当然の技術です。

審判の言うことに文句つけてんじゃねぇよ!とまでは言いませんが、

VARに文句を言う人って、どうせVARがなくても文句言うじゃん?笑笑。

審判の裁定は水もんです。時に敵になりますが、時には味方にもなる。

ジャッジングによって警告や退場になったのならば、

審判のジャッジングの癖を見抜けなかった自分を責めるべき。

ジャッジングによって惜敗した試合があるならば、

あと1点獲れなかった事を悔やむべきでしょう。

「三苫の1ミリ」とか、言われてますが、アレがじつは出ちゃってました~テヘ(∀`*ゞ)

とかいっても、猫毬的には全然ありです。はい^^。

ジャッジング以外には、、ん~~。。芝…ですかね。。

猫毬的には、大会前から気になってはいましたが、今大会のハイブリッド芝は水捌けが良すぎる。

カタールのビッグマネーでスタジアムに冷房設備は入れられても、強い日差しは避けられない。

ピッチの水分蒸発速度は早く、試合のハーフの間にピッチコンディションが変化します。

このあたりは、選手の技量や、ピッチなどのコンディションに適応(認識)する能力の高さ、

ソレ次第でプレーの質も変わっていったかと思います。

全体としては、なんとなく…ですが、

キックオフ時には大量の水でパスが滑り、パスサッカーには有利。

んでも、水が蒸発してくると、パススピードが遅くなり、パスカットが増えていた気がします。

アフリカ勢の身体能力の高さや、

アジア勢(一部のアジア勢除く)のコンディション適応(認識)能力が活きた大会だったかもです。

さて、、日本の気候は寒波。すっかりワールドカップ熱が冷えましたね~(;^ω^)

皆様。風邪、新コロ、インフル、路面凍結、大雪、お気を付けください。┏○))


(=^・・^=)

※次回は最終回^^。カタールワールドカップ。猫毬賞の発表です♪(ん?誰も興味ないかw)

※しばらくの間は、ご訪問返しができないかもです。ごめんなさい。
記事公開もランダムかもです。
コメント返しもランダムです。
諸々、本当にごめんなさいです。m(_ _"m)

とてもいえないやさしさ(97)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ