SSブログ
毬(選手紹介) ブログトップ
前の5件 | -

選手紹介(浦和)「鈴木彩艶」 (選手紹介) [毬(選手紹介)]

八村塁じゃねぇぞ!!!ヾ(゚ε゚ )。。

鈴木彩艶.jpg

※ww(実際に間違われた事があるらしい…w)


鈴木彩艶(2002年,18歳)190cm
GK。右利き。浦和レッズ所属。


浦和出身。浦和レッズ所属。
15の頃から飛び級招集の逸材GK。
今回(202106)の招集も、
18歳にしてU-24日本代表に招集されています。

浦和レッズでは、絶対的な守護神だった西川周作を追い抜き、
現在、リーグデビューから3試合連続でクリーンシート(無失点)。

ディフェンダーとの競り合いに負けない強力な体幹。
ハンドスローでも長距離砲が即発動できる強肩。
イニエスタの高速シュートをセービング出来る反射神経。
先輩に対しても物怖じせず指示できるメンタリティ。

何一つ不足しているモノがない。才能の塊です。
強いて挙げれば、浦和レッズ以外での経験がない事。。

でも、なるべく在籍していてほしい…(´;ω;`)…
でもでも、、世界に誇れるGKにもなってほしい…。。


力強い顔立ち。でも、やさしそう(^^♪

素晴らしい名前 "彩艶" のように、

輝かしいGKキャリアを過ごせますように(*・ω人)



(=^・・^=)

選手紹介(欧州)「カイ・ハヴェルツ」「メイソン・マウント」チェルシーFC [毬(選手紹介)]

チェルシー.jpg

うぃ(^^♪有名なイングランドプレミアリーグ、ロンドンの雄。
「チェルシーFC」です♪

先日のCL準決勝1stレグでは、レアル・マドリーのホーム、
サンチャゴベルナベウにおいて、アウェイゴールとなる1-1でドロー♪

新監督トゥヘル就任以降、順調に強化がなされているチェルシー。
2015-2016シーズンから、なんやかんやで揉め事が多かったですが、
ようやくカタチが整ってきました( *'w')b
※とはいえ、90年代後半から6位以降の順位は1度だけ、、
(モウリーニョがクビになったやつね( ̄m ̄〃)プ)

そんなチェルシーの昨今の補強で、最も高額な補強と言われているのが…
こちら!( *>ω<)っ

カイ・ハフェルツ.jpg

カイ・ハフェルツ(1999年生21歳)189cm
ドイツ代表。FW,MF。左利き。チェルシー所属。

うみゅ♪100億の男♪
昨年秋、レヴァークーゼンから約100億で移籍。

ドイツ代表復興の最重要キーマン。
※先日、、北マケドニアに負けてたけどね( ̄▽ ̄;)…。ww

鳴り物入りで加入した彼ですが、、
現在、チェルシーのアタッカーは大渋滞(;^ω^)。。
ヴェルナー、ジルーにプリシッチ…(^^;、。。
んまぁ余剰戦力を巧く運用することに長けたトゥヘルだからこその
好成績でしょうねぇ^^。
はてさて、カイ君はここで花咲く事が出来るのかな(^^♪

ところで、、(o'∀')b

カイ君。といえば、、誰を思い浮かべますか?w

甲斐バンド??
おぉ。ぅん((´д`*)ぅん。。

雨~ぇに♬ けむぅ~ぅる♬街並みを~♬
      息をきらして♪駆けつづけた~♬

大好き(;^ω^)「裏切りの街角」♬


それとも、、彼か??

甲斐キャノン.jpg

ドヒュ~~ン(^^♪~~甲斐キャノン♪


猫毬は、やっぱり、、この人。

カイとミハル.jpg

ガンダム世代やけんね~(;^_^A。。
ガンダムの数あるキャラクターの中でも、もしかしたら最も。
この作品を象徴している脇役の一人かと思います。
ちなみに、いわゆるファーストガンダムの初期小説版では、、
最後には彼の活躍により1年戦争が終結する。
(小説版の内容はエグいですw)
ミハルとのいきさつも秀逸でした(^^♪
彼の名前「カイ」は「紫電改」由来ですが、
実際は、紫電の改良型はたくさんあるですよね(;^_^A。。
シデンの方ではなく、カイってのを呼び名にしているのは面白いですねぇ♪


…あww かなり脱線w。。

そうそう、100億の男、カイ・ハヴェルツ君。

チェルシーには、彼や前線のアタッカーを生かす、攻撃的MFも豊富。

その中でも、既に「チェルシーの顔」といっても良い選手がこちら♪

メイソン・マウント.jpg

メイソン・マウント(1999年生22歳)178cm
イングランド代表。MF,WG,ISH。右利き。チェルシー所属。

ハヴェルツと同い年でイングランド代表のメイソン・マウントです。
彼はすでにイングランド代表としても実績が出ています。
…てか、競争率が激しいイングランド代表の中で、すでに欠かせない存在。
前線の選手を生かすのが巧い(o'∀')b
代表においては、ハリーケイン、スターリング、ラシュフォードを、、
クラブチームにおいては、ハヴェルツも巧く扱います。
先ほども記述した、ヴェルナー、ジルー、プリシッチとの呼吸も良く。
球際にも強いテクニシャン。
ハヴェルツがディフェンスをサボった時のカバーも彼が積極的に走りますw

チェルシーのドイツ若武者とイングランド若武者(^^♪

どちらがお好みですか~?♪



(=^・・^=)

日本代表(なでしこ)選手紹介「長谷川唯」 [毬(選手紹介)]

長谷川唯.jpg

長谷川唯(1997年24歳)157㎝。
MF。右利き。ACミラン


なでしこジャパンの数少ない世界レベルの選手。(世界トップクラスではない(^^;)
1月末、イタリア、セリエAのACミランに移籍。
シーズンは終盤戦。全勝優勝を狙うユヴェントスを猛追している。
移籍後、即戦力として活躍中。

代表ではガラスのエース(;^_^A。(ケガが多かったけど、最近は体幹がしっかりしました)
細い身体から長短のパスとミドルシュートを操る、パサーよりのファンタジスタ系選手。
……守備はチョット苦手(^^;

男子でいうところのU-24、東京五輪世代(^^♪
(女子サッカー五輪には年齢制限はありません( *'w')b)

女子サッカーは言うまでもなく、アメリカがダントツで強いです。
んが欧州事情も熱いです。
女子欧州クラブサッカー事情は、現在、、
日本代表キャプテン熊谷が所属するオリンピック・リヨンが抜け出て強い状況。
欧州女子チャンピオンズリーグを3連覇中。
それを追うように、ドイツのヴォルフスブルクもメキメキ強くなっています。
イタリアの女子カルチョは^^これから強くなっていこう~って感じですね♪


なでしこジャパン…パラグアイ戦より内容がありましたね^^。
相変わらず、長谷川のプレーは面白い+ (o゚・∀・) + ♪
んでも、中島との相性の悪さも相変わらず(笑 (仲は良いのにな…w)
面白いプレーが多いのですが、、
籾木、岩淵なんかと組まないと長谷川の「良さ」は半減しますねぇ…

あと、清水が成長したなぁ…籾木との右サイドのベレーザコンビは良かったです♪
そして、岩淵、、コンディション悪かったかな?それとも下手になったか?
それでも代表の中では少し抜けている技術ですが(;^ω^)。

ダメだなぁ…と思った選手もいっぱいいましたが、
若い選手も少しずつ成長してきている。と感じました。(少しだけね…(;^_^A)

日テレ放送だったからか…ベレーザ贔屓目の実況でしたw

サッカーの副音声、、ウザいよぅ。。(´・_・`)。。
副音声は無音でスタジアムの音聴かせてくれ……少しでも臨場感が欲しい…。

あ、、新国立のサッカー中継、、カメラむっちゃ遠い( ̄▽ ̄;)。
背番号さえ確認できないれべるとは…(-_-;)。。




試合の結果、内容はともあれ、相変わらずのプレーを見せてくれた、
長谷川唯の今後のさらなる成長に期待です^^。



(=^・・^=)




さて、録画の浦和vs徳島見るか。。

日本代表U-24選手紹介「田中碧」 [毬(選手紹介)]

日本代表U-24選手紹介「田中碧」

田中碧.jpg

田中碧(1998年22歳)180cm。
MF、ISH。右。川崎フロンターレ


先日のU-24アルゼンチン代表戦2戦目で見事に試合を支配した選手♪
国内水色軍団の中盤の象徴的な選手。
現状のU-24の選手の中で、A代表に即応できると思われる、数少ない選手の一人。
久保建英より田中碧をA代表に招集してほしい^^。。

この選手は国内においてここ2年間で最も成長した選手といってよいかと思います。
サイズも大きめ。中盤の底のディフェンシブな仕事から、
中盤のゲームメイク。前線でのシュートまでピッチの真ん中でマルチに仕事をこなします。
また、所属の水色軍団(川崎フロンターレ)では、今シーズンからは、
サイドの位置に流れてプレーするケースも見られます。

便利で視野が広い選手( *'w')b、。
、、球際が強いわけではないが、、
そもそも球離れが速いのでプレスに引っかからない。
身長は一応180ov。ゆえに中盤の空中戦にも一定の強さを発揮します。

いや…( ̄▽ ̄;)。。そういう問題ではないな。
すでに、彼抜きでのU-24日本代表の構成は難しい。。
おそらく、彼にキャプテンマークを任せても問題ないでしょう。。

のぞむべくは、五輪後は即A代表で、
遠藤航他、激戦区のボランチ(中盤)候補に( *'w')bオネガイシマス。。


ソレにしても川崎(水色)の血族から、良い選手がいっぱい出てきますねぇ…
いまも着々と育成しているんだろうなぁ…
赤い血も頑張ってほしいものです( ̄▽ ̄;)



(=^・・^=)


あ、、、、、今日、、なでしこの試合だったか??wwんまぁいっかw
長谷川まだ出ないし…(笑)
※今回のなでしこは、1戦目と2戦目でメンバーが少し違うみたいです( *'w')b

選手紹介(浦和)「小泉佳穂」 [毬(選手紹介)]

小泉佳穂.jpg

小泉佳穂(24歳)172cm
MF。両利き。浦和レッズ所属。

ほい^^。開幕から活躍中の、浦和のファンタジスタ♪にしてボール回収屋w
ヨッシーこと小泉佳穂選手です( *'w')b

今シーズンから加入した浦和の新戦力の一人、、
先日紹介した、明本もそうですが、伊藤敦樹、金子大毅らと、ほぼ同世代組。

新監督リカルド・ロドリゲスは、特に小泉、明本らを積極的に使ってますね^^。
良き良きヽ(*・ω・*)ノ

琉球FCからやってきた彼は、、最近何かと話題上昇中の、
前橋育英高校の1996年生まれ組です。
坂元達裕(C大阪)、渡辺凌磨(FC東京)、、他の選手もJ2、J3へ加入しています。
また、一つ下の世代にも金子拓郎(札幌)なども居ます。

思うに( *'w')b、この世代の他の子たちも、続々と名前を上げ始めている気がします。
な~~んとなく、、ですが、、
現状で、27歳未満の選手と、28歳以上の選手の間に、
見えない線がwwあるような、そんな気も少ししますねw

猫毬の持論では、日本人サッカー選手のキャリアハイ平均は28歳から31歳。
…もしかしたら、、その持論が崩れ始める時期が来たか…そうかもしれない。。

さてさて、
猫毬の妄想など、どうでもよろしいな(;^ω^)。。

とにかく、この金髪の元気っ子は、ドコにでも顔を出し、、
ボールをさばいては、チームのベクトルを前方に向かせる役割を持っています。
先日紹介した明本孝浩が新生浦和レッズの「心肺機能」だとするならば、
小泉佳穂は「脳みそと神経系」を司ります。

ここに、浦和育ちの伊藤敦樹や関根などが土台柱となり、、
興梠や武藤、西大伍などのベテラン勢がワキを固める。
※興梠、西、他のケガ人も復帰予定。

また、外国人枠を一つしか使ってなかった浦和だが、、
新たにノルウェーリーグの前期得点王カスパー・ユンカーも加入するようだ。

…リーグ戦の勝敗がどれほどのもんか。
浦和の未来は(リカルドをクビにしない限り…)明るいぜよ^^。。

小泉佳穂は、残念ながら、ギリギリ東京五輪世代ではありませんが、、
現在のパフォーマンスであれば、
十分に「「日本代表の招集に耐えうる実力」」と思われます。

ドゾ♬みなさま。この金髪の若者をヨロシクですm(__)m。。



(=^・・^=)





※関係ないですが、猫毬は太っています。
喫煙癖があります。マクドナルドが大好きです。
この世界最低のゴミのような存在でごめんなさい。
なるべく早めに死にますので、どうかご容赦くださいブ~(・´з`・)
さて…サムライマック買ってくるか…。。ブヒブヒ。
#fat shaming
#fat acceptance movement
前の5件 | - 毬(選手紹介) ブログトップ