So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の5件 | -

マラソン大会の一般参加中止と「参加費返金無し」の判断の経緯を推察(妄想)する。 [スポーツ]

厚労相の会見でさ…
「者」をシャって読むの……違和感があるなぁ…。
アレって一般的なのかな…
それとも何かしらの習慣とか理由があるのかなぁ。
んで、調べたら…2006年の一般ブログに記事を見かけたw
自大学の教授が同じ発音だったそうで、
キモチワルイって記事でした(;^ω^)
関西では「シャー」と伸ばす発音もあるそうだ。
どうなんだろうねぇ(;^_^A
んまぁ、、会見内容はオシテハカルベシ(;^_^A
基本的にロクでもない内容がほとんどでした~(=^・^=)

陸上クロカン面白かったなぁ^^女子も面白かった^^
國學院の浦野って、やっぱり よく走るなぁ…
同世代に東洋大の相澤晃が居なかったら、
もっと目立っていたかもなぁ。




さて、今日は、、3/1開催予定のコレ^^。今更感ありますか?(;^_^A

今の状況となっては、選考レースも中止すべきでは?って
議論も出てきそうですが、、
いづれにしても、返金しないって事に対しての
文句は未だにボチボチあるそうなw

そこで、改めて、

「マラソン大会の一般参加中止と「参加費返金無し」の判断。
その経緯を推察(妄想)する。」

ogimg2020.jpg

東京マラソンの一般参加の中止に続き、
名古屋ウィメンズも一般参加の中止となりました。

名古屋ウィメンズは解りませんが、
東京マラソンでは、参加費の返金が行われず、
少し話題になり、ブログ等でも批判が多く見られました。

んがしかし。猫毬は毎度毎度ですがw
どんな物事も両側の立場で考えます。
幼児殺害犯だろうが、煽り運転だろうが、
スタンスは変えません。
パッと見で「そんな奴殺してしまえ」と言うのは簡単です。
んが、両端に立って考えた末の決断を繰り返し積み上げる事こそ、
未来への経験、良案に繋がると考えます。


マラソンの一般参加禁止にしても同様です。

文句を言うのは簡単だ。んが、
事実確認も代案も科学的根拠も無く、
ただただ喚き散らすのは身勝手と言えるかもしれませんね。

喚いている人に、この質問をしたらどう答えるだろうか?

「アナタが主催者側だったらどうしましたか?」

ホウレみろw簡単には答えられまい?((≧艸≦))ウシシ
喚き散らすやつに限って細かい事は考えもせずに騒ぎ出す。

「おちついて~^^どっしり考えましょうね^^」


猫毬が妄想するに、、
こうだったんじゃないのかなぁ。。。(o'∀')b

まず。主催者側が。中止決定ギリギリのラインまで考えた事が、

・スポンサーと各種スポーツ協会(連盟)に相談。
・興行保険会社と交渉。
(興行保険は大会中止が前提の保険の上、
バイオハザードが保険対象になるかどうかは解らない。)

さすがの動きの遅い日本のスポーツがらみの団体でも、
コレは真っ先に、そしてギリギリまで考慮したでしょう。

話題が先行して、一般参加者の参加費用で、
大会を運営しているように思っている人も多いかもしれないが、

そんなバカなw

大きなイベントは、必ずといって良い程
スポンサーさんたちが金を出しています。
何なら、東京マラソン程、大きなイベントなら、
協賛企業と、運営の内訳なども公開されていると思います。

お♪やっぱりあった(笑)
どれどれ。。。東京マラソンの場合、、、、、なるる…('.'o)
スポンサーさんが大会運営費の7割ほどを負担しているようです。
なので、、どう対応するにしても、
スポンサーの顔色は窺わなければなりません。

さらに興行保険です。
上記の通り、保険適用は大会中止が前提
んがしかし、全中止にしてしまうと、、

東京オリンピックへ向けての
マラソン代表の3枠目の決定に支障が出ます。
なので、ここで陸連とJOC(JPC)と交渉です。

MGC~からの、、札幌移転。。シューズ問題。。
これ以上候補者の選定は遅れさせれない…。。
「代表候補だけでも走らせる」
て判断をするでしょう。


現在の東京マラソンは、十年以上前とは違い、
毎度、組織委員会が発足する形の運用は行っていない。
陸連(日本)と競技の結果誕生した、一般財団法人として、
「東京マラソン財団」というものが運用しています。

つまり、運営の「東京マラソン財団」の発足に
陸連の息がかかっていますから、
運営としては、陸連がヤレってんなら、
やるしかないのです。

そしてもう1点。
中止にした場合に、参加者への参加費の補填が出来るかどうかです。
前述の通り、運営費用は準備段階で既に使用済みです。

財団自体に固定財源があるのなら、
補填できない事も…
…いや(;^ω^)さすがに数十億は無理だなw

!そうか、裏に陸連が居るなら、、
ツケをそっちへまわしちゃえば!!

んがしかし、、(-_-;) ご存じの通り。
東京オリンピックのマラソン競歩の札幌移転に伴い、
陸連もある程度損害を被ったはず。。。
さすがにコレ以上の…数十億の補填は受けれまい。

だからといって無理に開催して、
もし死者が続出したら……・。

東京マラソンは、いまや、
ボストン、ニューヨーク、ロンドンなどの
世界〇大マラソンと呼ばれるほどの国際大会。
バイオハザードの温床にするわけにはいきません。

そしてJOC(JPC)への配慮もあります。
コレ以上、代表候補への負担はかけられない。。

なので、候補者は走らせる。一般参加者は中止。
費用は金が無いから返せない。
金がない理由の一端は、札幌移転も理由のひとつにある。

んで、、改めて、興行保険会社に交渉。。
「…そっか、やっぱ全面中止じゃないと
保険の対象にならないか…」

んじゃやっぱり、参加費用は返せないな……。


…と、、、こんな感じだったんじゃないかなぁ…(;^_^A


なので、参加費用は、返したくとも返せないのです。

つまりは、保険が適用されれば参加費用が返金されない事も
無かったかもですが、
保険会社が一般参加の中止に対して保険適用しなかった。

運営団体の資産があれば、返金も出来たかもですが、
陸連もJOCも、、札幌移転問題で財布事情が苦しい。


名古屋ウィメンズマラソンでも同様の事が起きたと考えられます。

以上、猫毬の、新型コロナによるマラソン大会運用の
裏事情「「妄想」」でした^^

(=^・^=)

※来年の大会以降は、てか、今後は恐らく
「ウィルス」も災害の一部として考えられていくと思われます。
興行保険のテイカーが居れば…ですがね(;^ω^)
nice!(95)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

老害といえば誰?って質問にどのように答えるか [スポーツ]

老害といえば誰?って質問にどのように答えるか

自分が一定の年齢に達していたら…きっとこう答えます。

「呼びましたか? (ृ ु ´灬`)ुフォッフォッフォ」

んが、今なら彼でしょうな(;^ω^)

喝2.jpg

みなさんが選ぶ「老害は誰かな~w?」
答え方もcoolだとかっこいいぞ? (ृ ु ´灬`)ुフォッフォッフォ

喝.jpg





nice!(92)  コメント(7) 
共通テーマ:スポーツ

スポーツ選手(チーム)への罰金によるペナルティ [スポーツ]

スポーツ選手(チーム)への罰金によるペナルティ

猫審判.jpg

スポーツの競技中のペナルティは、
ルールブックにより基本的に決められています。

んが、競技外、又は協議後に判明した違反に対する罰則は、
まぁまぁ曖昧です(;^ω^)…

ドーピングやドーピング検査に関わる罰則や、
選手が競技外で起こした問題に対しては、、

各協会や連盟や大会主催団体、
また国際スポーツ機関などにより、審議され罰則が決められます。

その中で「罰金」てのは、よく聞きますねぇ^^

でも。。。なんかアレじゃないすか?
数千万円、数億円稼いでいる選手に対して、
ン十万円とか百ン十万円とか、、罰金が低すぎないだろうか?
って、たま~に感じちゃうです(。-`ω´-)ンー…

それだと、反省による再発防止にならないのでは無かろうか?…

じゃあ、、どのような罰則が最も効果的だろうか?

やはり、ソレは、、大会参加などの一定期間の出場停止が
最も効果的だと思うのです。

しかし、実際には、なかなかそうはなりません。
なぜか?
うみゅ(;^_^A、。
スポンサーは選手が大会に参加してプレーする事で、
広告の価値が上がるので、
罰則を決める機関は、
参加自体に規制をかけにくいのですなぁw

スポンサーは有名な選手が大会に参加すればするほど、
広告価値が上がりますので、結果として、
有名な選手になればなるほど、規制はかけにくいのです(;^_^A

んでもなぁ、、コレに拍車がかかると。
。好成績を残す選手は、ある程度の違反行為をしても、
ぬるい罰則で許されてしまう。って事になっていっちゃいます。

そのような事にならないために、
色んな機関があるです。
有名なのは「スポーツ仲裁裁判機構」ですね^^

そうそう(^^♪スイス・ローザンヌにある「CAS」ですねぇ。

んがしかしですね( ゚∀゚; )
元々はIOCの内部から派生したこの組織は、
現在はカタチ上、独立組織ではありますが、、
オリンピックの裁定に関しては…ゴニョゴニョ…www

こいつはなかなかに高度に政治的背景も絡んだお話なので、
例えば、ロシアのドーピング問題なんかに関しても、
WADA(世界ドーピング防止機構)も難しい選択にはなるのですが、、

んーなんだろ、、そのレベルの話はともかく。。

例えば、、ジョコビッチが試合中、
数回、審判の足に触れた。。。
はい。暴力行為とみなします。
「罰金(^^♪」
てのは、、意味があるのだろうか?ww

その場でなるべく関係性や試合が荒れないように、
ウマクやるのが審判のスキルのひとつなのではなかろうか?

現在、FIFAの審判委員会会長「コッリーナさん」は^^
現役審判時代。。。

試合前に、全ての選手の名前の読み方や、
簡単な経歴などを把握していたらしい。その上で、
試合をコントロールしていた名審だってのは、有名な話ですが、、

かつてトッテナムに移籍したばかりの
「戸田和幸」(モヒカン)の名前まで把握し、
戸田が激昂しそうになった時に、
笑顔で、「トダ!トダ!no problem!fine♪calm down」
って言っていたのは印象的でした(*^ω^*)

そういえば、最近。やけに、、
厳然たる態度の審判ばかりで飽きてきたなぁw

いや…厳然たる態度が正しいのは解りますが、、
、、試合のコントロール方法は、
ソレだけではないぞー(^^♪

な~んて妄想もしたくなる、この頃の猫毬でした(=^・^=)





※ちなみにスポーツに置いてのファウルの基準の基礎知識(^^♪
ほぼ全てのスポーツにおいて。
絶対的に決められているファウルの基準が2つあります。

1、危険な行為。

2、ずるい行為。

このふたつは♬、競技が違っても、
ファウル基準として全てのスポーツ共通です。
(ホントは自分以外の選手への敬意ってのもあるんですがw
判別が難しく、曖昧なので今回は例外としています。)


1、または2、において、
度が過ぎれば重大なペナルティを課されます。

また、軽微な違反でも1と2、両方を兼ねている場合は、
同様に大きなペナルティを課される可能性があります。

コレを踏まえてファウル問題などを考えると、
スポーツでファウルが起きた時に、
少し、別角度から楽しく見れるかもです(^^♪

以上。スポーツのファウルの基礎でした^^/~
nice!(86)  コメント(7) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - スポーツ ブログトップ