SSブログ
前の5件 | -

黒青 と 青黒 [毬]

うみゅ。ガンバ大阪のツネこと、宮本恒靖監督が解任されちゃいました。
 さすらいの話師さ~ん。落ち込まないで~(´pωq`)。。

序盤のクラブ内クラスターで出遅れたガンバ。
10試合消化時点で、1勝4分5敗。。

む~(。-`ω´-)~サポやファン、スポンサーからの圧力があるのなら、
…解任も致し方なしか……。

しかしですね、、ソレで解決するんですか???(;'∀')・・・
鹿島アントラーズのザーゴ解任とは意味合いが全く違う。
…と、思うのですけれどもねぇ…。。。



この記事…ホントはツネさん解任前に想定していた記事です。
なので、そのままの想定で記事作成しようと思います。うん。

まず、イタリア、セリエAにね?
インテルナチォナレ・ミラノってクラブがあるです。
そそ( *'w')b。みなさんが知っている、「インテル」と呼ばれる、
ミラノの名門ビッグクラブです。
ユヴェントスとのイタリアダービー、ACミランとのミラノダービー。
イタリア国内でも1,2位を争う熱い戦いの主役です♪
長友佑都選手が在籍して活躍したクラブとして、日本でも有名ですね♪

ユヴェントスの愛称は=ブランコネッロ。
ACミランの愛称は=ロッソネロ。
ともに、クラブカラーやユニフォームの色から、そう呼ばれていますが、

インテルの愛称は=アズーロネロ、とか、
アズーリネッロとか呼ばれないのです。

インテルの愛称は一般的には=「ネラッズーロ」

青黒のクラブチームなのに、黒を先に言います。
これは、ライバルのACミランが、「赤黒」と呼ばれていることに対して、
「黒は同じでも、俺たちは黒と青なんだ!」という主張が強いため。
と、いわれています。※諸説あります(;^ω^)

んまぁ、、今はこの話は関係ないわな…うん。。(;^_^A。

ただね(o'∀')b。。伝えたいことは、、、

インテルはビッグクラブの中では珍しく、

「「個を主体としてチーム作りをしていくことを徹底しているクラブチーム」」

と、いうこと。コレはほんと、ファンには賛否あるらしいのですが、
選手個々が潜在能力を全開でプレーってのを前提に、
チーム全体が動きます。
ゆえに、じつは(;^ω^)。成績は安定感に欠けますww
んでも、ハマった時の強さは、欧州でも随一の強さを誇ります(^^♪
インテリスタ(インテル好きの人の事)にとっては、
そのあたりが魅力的なのでしょうなぁ…^^。。

青黒と黒青.jpg

さて、、場所は変わって我が国日本のJリーグの「青黒」と言えば、
言わずと知れた「ガンバ大阪」です。

ついにツネ監督、、解任されちゃいました…、。。
成績が上がらないから監督解任。
コレはサッカー界ではよくある話なので、
んまぁ仕方ない。と、いえば仕方ない。

んが、後釜も考えずに解任してよいのだろうか?(;^ω^)。
解任理由が成績不振であるならば、

成績不振の理由を探るのが先決なのでは???と思うのです。

それでは、解析開始(o'∀')b。。。
さて、
成績不振。というのは、、具体的にはどういう事だろうか?

1,内容は悪くないのに試合にあんまり勝てない。
2,何もさせてもらえず、試合にいっぱい負ける。
3,勝てそうな試合に引き分けてしまがち。

ガンバ大阪の場合。2。が多かった印象です。

んじゃ、なんでマトモにゲームが作れないのか?
なんで、たまに勝利することもないのか?

ソレは、現在のガンバ大阪が、
システム主体のクラブチームではないからだと思うです。

現在のメイン選手は。。

前線から、パトリック、ペレイラ、宇佐美、一美、チアゴアウベス。
井手口、小野瀬、矢島、倉田、山本、チュセジョン。奥野?
三浦、昌子のCBに、佐藤理、黒川、塚本、てとこですかね。。
ここに新戦力、ウェリントン・シウバが加わりました。
ヨングォン、藤春はケガから帰ってきていません。

システムは昨シーズンから固定していないですね。
ツネ監督は相手次第でカタチを変えて、
相手が嫌がることをし続ける。
この戦い方を徹底してきました。

確たるカタチを作ってしまうと、いつかは必ず攻略される。
ソレを気にしたんですかねぇ…。。

ガンバ大阪を語る場合に、よく使われる言い方は、
「西野朗時代」と「長谷川健太時代」です。
両監督とも、ガンバ大阪をJリーグ優勝に導いています。

西野は遠藤保仁(ヤット)を軸に、
4-4-2の強力なアタックシステムでリーグ制覇、
大黒、フェルナンジーニョ、DFにはツネさんもいましたね。
※ちなみに、その時に最後まで優勝争いしたのは浦和レッズ(;^_^A。

長谷川健太は、、前線の宇佐美、パトリックを遠藤が使う。
というカタチで、国内3冠を達成。。
※ちなみに、その時に最後まで優勝争いしたのも浦和レッズ(;^_^A。

システムというよりは、個を生かしたサッカーだったように思う。
思い返せば、この時期2014-2015辺りから、
「デュエル」という言葉が日本でも流行りだした頃。
代表監督がハリルホジッチだったからか…。ふむ。

その時のGKは東口……。。。
んサイドには名前が出始めた藤春、。。
中盤には、、倉田。。
。。
。は( ゚Д゚)。。。

。ここに、今野と二川と加地を加えたら、今のチームと変わりがないw
wそらーキツそうです><


んでも、、こうして字面にするとよくわかる。。
勝てないのは、遠藤保仁がいないから。。。。なのか??www

いやいや、まてまて。。全盛期のヤットならともかく。
現状では違う、、。なんか違う。。((-ω-。≡。-ω-))。

そっか、問題はヤットが何をしていたか?だ。。
彼のプレーの最大の特徴は…なんだろう。。

全盛期の彼は、、豊富な運動量と、広い視野を生かしたパス。
運動量は落ちたとはいえ、スタイルは今も変わらないか…。
このあたりに、ガンバ大阪というクラブチームが、
変質していった原因がありそうです。

西野朗時代の、キレイな攻撃型のシステムサッカー。
当時のヤットは、コレに対応していました。

こっから長谷川健太時代の、「個vs個」にこだわるサッカーへ…。
こっからヤットはパスの質を変えた、、のかも。。

パスの質…ん。コレか。。これがポイントかな。。

彼のパスは、整えるパスやシステムスイッチのパスというよりは、

「「刺し込むパス。。」」

決定的な仕事をしなさいよ??というメッセージを込めたパスが多い。

つまり、中盤も含め、周りの選手の「個の実力」を、
最大限引き出そうとするパスが多かったわけです。

ヤットは、選手のプレーの質や出来栄え、コンディションも含め、
周りの選手の状況をよく見る事の出来る選手。

その眼は、相手選手の状況もよく見ます。
そうして選択されたパスは、つまり、、
味方の誰と、敵の誰を、デュエルで戦わせるか?
どうしたら有利なデュエルを連続できるのか?
どうしたら味方に不利なマッチアップを回避できるのか?
よく考えられたパスが多い。

ふむふむ。。
ガンバ大阪の成績不振は、、、

遠藤保仁がいない事。。(;^_^Aではなくてwww
彼のような、、

『味方の「個の実力」を生かす選手がピッチに居ない事。』

コレですなぁ…(;^_^A。。

監督の責任、。ではないでしょうなぁ…。。

とはいえ、タクトを振れる選手を、ピッチに送り込めなかった、
(または育成できなかった)、ツネさんの責任はあるかもなぁ…。
気の毒とは思うが…。。


奇しくも、。遠いイタリアのセリエ、ミラノの「黒青」は、

強烈な「個」の集合による勢いで、今シーズン「スクデット」を獲りました。

二つ目の「ステッラ」にリーチです(^^♪

※ステッラ=ユニフォームの胸の星印。
リーグ優勝10回につきいっこ、ユニフォームの胸に大きい星印がつく。
インテルは今回で19回目のリーグ優勝。


今のガンバは『個』のチームに近い。
日本の「青黒」にも、「個」の力で、後半の挽回を期待したいものです。

だ、もんで、、
この状況から、システムを一から組み始めるのは容易ではなかろう。
今シーズンの降格枠は4チーム。とりあえずココを凌ぐ。

そのために、、何をしてくるかなぁ。。

猫毬なら…。コレ…試すけどな…。。(;^ω^)。。

   ペレイラ  一美

宇佐美   井手口   小野瀬

      昌子
藤春          山本
    三浦  ヨングォン
       
      東口

んまぁ、ヨンゴンと藤春が帰ってこなきゃできないけど…(;^ω^)
ともかく、昌子と井手口を一段ずつ上げるコトですね(o'∀')b、。

チュセジョン、チアゴ、ウェリントンが使えるならば、
積極的にターンオーバー。そうしないと、ACL時期に失速します。
固定のポジションは、一美と井手口と藤春と三浦だけで良いでしょう。

、、まぁなんだ、、、J2のパナスタ…とか、他サポも見たくないのです。
J2のガンバクラップなんぞ聞きたくはないのです。
ホントよ?(´pωq`)。。

鹿島、横浜FM、G大阪、、こういうとこには、
優勝争いしててほしいのです。。
浦和と、バチバチに戦(ヤ)りあってほしいのです。


ツネさんにお疲れさま~といいつつ、、
残りのシーズンの健闘を願います。



(=^・・^=)

※そういえば、明神…スタッフに帰ってきてましたね??
(フットブレインでやってたw)
nice!(79)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

サッカー日本代表 試合日程(予定) [毬]

JFA八咫烏ロゴ.jpg

サッカー日本代表 試合日程(予定) ※JFA情報参考。

最初に、6月の代表招集期間は長めの期間となります。
また、代表監督の森保は、
「A代表とU-24との合同招集」を明言しております。
よって、この代表強化期間で、
五輪へのOA枠も含めたメンバー選考が行われることと思われます。



では、まず、ワールドカップ予選です。

カタールW杯アジア2次予選・グループF日程
※グループFは感染対策のため、
日本でセントラル(集中)開催となっています。

5/28(金)
・日本 vs ミャンマー(フクアリ 無観客 ko19:20予定)
※放送:日テレ系,BS1
※国際Aマッチデーではありません。
また、ミャンマー情勢と感染状況を考えて、
色々配慮が重ねられた上の開催となっております。m(__)m

6/7(月)
日本 vs タジキスタン(パナスタ ko19:30予定)
※放送:TBS系,BS1

キルギス vs モンゴル(長居 ko16:00予定)
※モンゴルの予選突破は消滅しています。
んが( *'w')b。モンゴル代表ふぁいお~♪

6/11(金)
ミャンマー vs キルギス(長居 ko16:00予定)

6/15(火)
日本 vs キルギス(パナスタ ko19:25予定)
※放送:フジ系,BS1

タジキスタン vs ミャンマー(長居 ko19:25予定)

☆ふむ。ミャンマー戦は国際Aマッチデーではないので、
欧州クラブからの招集権はありませんが、
5月末には欧州各国リーグもほぼ全日程を終了していますので、
欧州組が中心になると思われます。
※逆にJリーグは前日まで試合日程がありますからね(;^_^A。。

☆大阪のスタジアムでの開催が多いのは、
5月末まで予定されている緊急事態宣言の影響による、
スタジアム収益への配慮かもしれませんね。。
裏目に出なきゃ良いけれどもなぁ( ̄▽ ̄;)。。

☆先日の親善試合では日本代表相手に記録的な点差で敗退するも、
最後まで闘志を捨てなかったモンゴル代表。
健闘を願いたいですね♪

★おそらく、7日のタジキスタンとの試合で、
2次予選突破の首位抜けが決まるでしょう。
最終予選への組み合わせが気になりますね(o'∀')b



次。ワールドカップ予選に向けた調整試合。
☆キリンチャレンジカップ2021

6/3(木)
日本 vs ジャマイカ(札幌 ko19:30予定)
※放送:TBS系

6/11(金)
・日本 対 セルビア(ノエスタ ko19:25予定)
※放送:フジ系

☆セルビア代表との試合は、
政府との入国審査の調整が難航していると聞いていましたが、
発表したってことは、、田嶋会長が説得に成功したって事か…。
田嶋は、、あまり目立った動きをすると、JOC理事だけに、、
叩かれないか?とヒヤヒヤするぞ?(;^ω^)。
ひっそり叩かれない程度に行動してくれな~w
※セルビア代表監督はピクシーことストイコビッチです♪
…名古屋で試合してあげれば良いのにな…w


さてさて、、U-24日本代表の日程です。

とはいえ(o'∀')b。対戦相手も未定で(;^ω^)
最初にお知らせした通り、
A代表との合同調整の話も出ていますので、
具体的にどうなるかは、まだ未定です。
一応、日程は下記のとおりです。


U-24日本代表 試合日程

6/5(土) 国際親善試合 対戦相手未定 ベススタ
6/12(土) 国際親善試合 対戦相手未定 豊田スタ

7/12(月) キリンチャレンジカップ2021 対戦相手未定 ヨドコウスタ
7/17(土) キリンチャレンジカップ2021 vs U-24スペイン代表 ノエスタ

7/22(木)-8/7(土) 東京オリンピック

※何度もしつこいようですが(;^ω^)、
猫毬ブログには東京オリンピックの開催を前提とした記事がありますが、
開催を推奨しているわけではありません、。m(__)m。



さてさてさてさて。。。。

日程を時系列に沿って並べますと、、


5/28 予選、vsミャンマー

6/3 キリンカップ、vsジャマイカ

6/5 U-24親善試合、vs未定

6/7 予選、vsタジキスタン

6/11 キリンカップ vsセルビア

6/12 U-24親善試合、vs未定

6/15 予選、vsキルギス

7/12 キリンカップU-24 vs未定

7/17 キリンカップU-24 vsU-24スペイン


       ( ̄▽ ̄;)



大昔のプロ野球の終盤戦か!!! 
…と、ツッコみたくなるようなヘヴィな日程(笑)


強いてあげるならば、、
6/7のワールドカップ予選、タジキスタン代表との試合は、
ガチ本気メンバーで挑む必要があります。。


他の試合は、招集メンバーを上手に回していくしかないですねぇ…。。

国内組、と、いうか、ガンバ大阪、川崎フロンターレ、
(湘南と横浜FCも、)に、関しては、

6/2 までJリーグ日程が組まれていますので、
招集したとしても、実戦に使えるのは、、、

タジキスタン戦が最短かもですねぇ…。。

6/5の、U-24親善試合は、田中碧、三苫、旗手、抜きで、
メンバーを構成するのか…w、まぁ他の選手にとってはチャンスかも…。


てな感じで、、コロナ禍を受けての国内リーグ日程、そして、
ソレに伴う、代表の日程が新コロの影響を受けています。

なお、日本に来日する各国代表の母国の感染状況は、、
セルビア、日本の約2~3倍程度の感染状況。
ジャマイカ、日本と同程度の感染状況。
んが、この2国は、3~4月の感染爆発から収束期に入った状況です。

各アジアの感染状況ですが、
モンゴルでは感染の波が高まっています。要注意です。
ミャンマーは…ほぼ感染者が出ていませんが…
国内情勢を考えれば、国軍による統制下で、
まともな感染状況は把握できていないでしょう。
タジキスタンは感染が完全終息している。。というデータですが…。
この国もまた、紛争が絶えない国。データの精度は不明です。
キルギスは、他の発展途上アジア各国に比べ、
比較的正確なデータと思われます。
現在、日本と似た状況で、都市部で感染がやや高止まりしています。
んが、感染の波は穏やか。
こういう風に見ると、新コロとの戦いは、
各国、様々な環境、事情があるのだと、思い知ります。。(´・д・`)

僅かでも安全性の高い「日本」での試合開催をする。
日本で試合を行う、各国の代表団の期待に、
何としても答えねばなりません。。

…今回、代表団として来日するのは、スタッフ合わせても数百人でしょう。
それでも、JFAのメディカル班と運営班の、不眠不休の総力をあげても、
尚、ギリギリの対応でしょう。

コレを、、、万人単位のオリパラで行なえると、、
本気で考えている人間がいるとすれば、、
常軌を逸しているとしかいえませんな。
一般市民に害が及ぶ可能性が高いので…
その人間はどっかの隔離施設で、
軟禁した方が良ろしいのではないかと思います(;^ω^)。



さて、実際の移動などトレーニングスケジュールですが、。

おそらく、5/28のミャンマー戦と、
札幌で予定されているキリンカップのジャマイカ戦までは、
千葉のJFA夢フィールドで調整。

その後は関西に移ってどっかに拠点張って強化キャンプでしょう。
6月の大阪で…隔離措置を施すことの可能な、、
世代別も合同で行なえる規模の、
大きなキャンプを張れる練習場なんぞ、
あるのか分からないですが…w


猫毬は個人的に、出来得る限り、
すべての試合は見るとは思いますが、

猫毬ブログでは、すべての試合の、
レビュー、プレビュー、お知らせ、など、
公開するかは未定で御座いますm(__)m。悪しからず。

※だって忙しいよぅwww
だらだらと、、メモ書きと愚痴みたいな記事になったらゴメンよぅ。
(´pωq`)。。



(=^・・^=)




※情報間違いがあったらご指摘願いますm(__)mドゾヨロシク。
nice!(90)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

あ…橋岡が帰国してる…(;^ω^)。。 [毬]

ベルギーのSTVVにレンタル移籍してた橋岡が帰ってきてました(;^ω^)

隔離期間も終わって浦和の練習に合流してるwww。。

一応、五輪を意識してるって事か…。。契約どうなってるんだろ……。。

もし帰ってくるなら、噂になってる酒井はいらないしなぁ…( ̄▽ ̄;)、。。

ああ、いや、橋岡の希望ポジションはCBか…。と、なると、

橋岡復帰でピンチなのは…岩波か…w。

まぁ…なんだ…。五輪後に欧州へ戻るだろう…(;^ω^)。。
その方がええ、ぅん((´д`*)ぅん



さて、五輪はOA枠を使うって説が濃厚らしい。。

ふむ。。まぁ。。「ワルクナイダロウ」(笑)

こんな感じか…

五輪久保って控えでよくね?.png

……。。。。

久保って……やっぱ…控えで良くない??? ( ̄▽ ̄;)・・・www



(=^・・^=)





※東京オリパラ開催を前提にした記事もありますが、
開催を推奨しているわけではありません。
nice!(110)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

青天を衝け を まだ見ているか 「平岡円四郎」 [テレビ]

大河ドラマ「青天を衝け」 まだ見てる人いますか~www

青天を衝け.png

お話は、新紙幣の肖像となる「渋沢栄一」が主人公なのですが、、

現在のところ、、「いだてん」程の記録的な低視聴率ではないにしても、

「西郷どん」なみの低視聴率。という。
見事に民心の予想通りの不人気ぶりですが(;^ω^)。

実際のところ、猫毬は、ここまで(12話くらいまで?)を見ても、、

「え~~っと…。。この人物が、なぜお札の肖像なんだろ???」

と、思うばかり。。今後の展開はわかりませんが、、
いまだに、偉人の片りんさえ見えない「渋沢さん」。。ダイジョブなんかなぁwww。

2話目を見てから、それ以降を見るか決めようと思っていた猫毬ですが、、
「渋沢栄一」を知りたい。。と、いうならば、とっくに見なくなっていました。

んが、いくつかの要因で未だに見てしまっています。(;^ω^)

まず、毎回、冒頭に「こんばんは」と、登場して、お話のあらすじを謳う、
北王路欣也さん扮する徳川家康。。
「うわ~~めんどくせぇ~~~><><><><」と、思っております。

しかしながら、、よくよく考えてみたら、。

そっか、もしかしたら、実物の「徳川家康」も、、
コレくらいメンドくさい人だったかも…www。

うむ。ソレは大いにあり得る。あり得るな(笑)。。
猫毬の知る、どの史実を見ても、徳川家康という人物は、
「実に面倒くさい」お人であった事が覗えます。

ああ、…いやいやw。コレが見続けている理由ではありません。

じつは、いままで名前も「うろ覚え」程度にしか、なかった人物に、
興味がわいてしまったのです。

それが、この方。。

平岡円四郎.png
※画像はお借りしています。問題があればお知らせくださいませ。
m(__)m

幕末、一橋家「慶喜」に仕えた忠臣。

  「「平岡円四郎」」さん。

今回の大河では、堤真一氏が好演しています(o'∀')b


この人は、渋沢が残した書物の中にも登場しており、、
渋沢曰く、。じつに「慧眼」であったことが知られている人物。

徳川慶喜に多大な影響を及ぼした、この忠臣。

半世紀以上の人生で、一度たりとも「まともな師」に出会う事の無かった
猫毬にとって、実に興味深い。。人物に見えてしまったです。

「仕える主は、よく見て選ばねばならない」という。大事なことを、

今更ながらに諭されている気がします^^;。。ホントソウヨ…(´-ω-`)。

もちろん。。

幕末の政図上、、攘夷なのか維新なのか。
何が良い事なのか混迷の時代にあって、

誰がどのように立派なのか。それは後の世に答えが出ること。


じつは、、、平岡氏については、未だに意図的に調べていませんwww。
なので、猫毬にとっての「青天を衝け」は、

平岡円四郎。が主人公(;^ω^)。もうしばらく見てみよう。うむそうしよう。


(=^・・^=)
nice!(104)  コメント(14) 
共通テーマ:テレビ
前の5件 | -