SSブログ

Jリーグ開幕 FC東京戦を見て、、浦和レッズ 考察 [毬]

ミニ浦和レッズロゴ.jpg

いや~面白かった(^^♪中村憲剛が解説だったw

浦和の新監督リカルド・ロドリゲスが短い準備期間で、どこまでチームを作りこんできたか?
が注目されましたが、、素晴らしかった。。です(o'∀')b
昨シーズンと同じチームとは思えないほどの変貌を遂げていましたw



こっからサカヲタ話w。。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

システムは可変でしたが、ポジションに固執せずプレッシングは前からいきます。両サイド、ワイドは広くポジショニング、こうなると、GK西川、山中の大きいパスの精度が生きてきます。昨日紹介した明本も右MFで攻守にハードワークで貢献。新キャプテン久々の阿部ちゃん♪はチーム内に安心感と、うっかりで空いた穴のフォローに生きていました。杉本のワントップ気味ですが昨シーズンと違い大きくポジションを変えます。そして、何より新鮮な戦力だったのがFC琉球からきた金髪くん(^^♪小泉佳穂。インサイドハーフとしてフル回転。実質上チームの柱になりました。彼が在籍していた頃のFC琉球には小野伸二がいた、、何かお話とかあったのだろうか?小野伸二が若い頃オランダ帰りで浦和に復帰した時の背番号が18番。そして小泉佳穂もまた18番。何か、そこにドラマがあったのかなぁ(;^ω^)。正直、今日の彼のプレーレベルなら猫毬は代表に推したい。そんなレベルでした。また阿部と小泉の間のスペースを埋めていたのが、これまた新戦力の伊藤敦樹。若い3人。小泉、伊藤、明本の新戦力が躍動した試合でした。ディフェンスではスタメン見た時に岩波先発に不安がありましたが、かなり頼もしくなってました。全体的に守備では無くプレス型のチームになったですねぇ。コレは、、期待できる、、♬~。
R・ロドリゲス監督は、この試合に際して、いきなり結果が出せるかは分からないが、
やってきた準備の一端は見せられる。と言っていたそうな、、そのコメント通りの試合となった。結果的に1-1の引き分けとなったが、、十分に可能性を感じる試合内容でした。んが、同時に、まだこのチームは完成していない。という事がハッキリわかった試合でもありました。その点も監督は試合前から、「チーム作りには少し時間がかかる」とコメントしていた、そのあたりも、まさに言葉通りになりました。ふむ、。退屈と思っていた推しクラブチームだったが、、しばらく楽しめそうだ(^^♪

ちなみに、1-1の浦和の得点は阿部ちゃんの得点(^^♪スバラシい♬

そして活躍した小泉佳穂は、前橋育英出身。この日、対戦したFC東京には、同じくJ1初挑戦の高校の同級生、渡邉凌磨がいた。この二人が高校3年生時に出場した高校選手権では、決勝まで進み、この日、闘った埼スタで惜しくも敗れ準優勝だった。二人にとって思い出の地での対戦だったが、同級生対決は小泉に軍配が上がったように感じました♪。余談かもですが、同じ日、開幕戦で大勝した札幌で、2得点挙げた金子拓郎は、やはり同じ前橋育英高校のイッコ下の後輩(;^ω^)。3人は卒業後、違う大学に進学し、ソレゾレの道で今シーズンJ1に辿り着き、初のJ1を戦います。猫毬は厳密にチェックしていませんが、もしかしたら、そんな風な選手がまだまだたくさんいるかもです(o'∀')b

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

さて波乱含みの開幕説でしたね(;^ω^)、。。コレtoto当てられる奴いたのか?(笑)

まぁ、、荒れ気味のリーグは歓迎です。んが、、フロンターレを包囲しなければ、
また独走されちゃいそうですw。川崎は今シーズンに向けて、
明らかにシステムを変化させました。。スーパーカップと開幕戦で見せた、、
何つーか……鶴翼の陣?的なサイドの広げ方は、昨シーズンには無かった。
。。まぁいっか(;^ω^)水色軍団については後日暇だったら書きます(;^ω^)

ともかく、国内リーグで楽しめそうな元気な若者が見れるのは良き事です♬
暴れまくれ~~(^^♪


(=^・・^=)
すごいやさしさ(111)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

すごいやさしさ 111

コメント 3

さすらいの話師

うん…チーム作りは時間がかかる。
仕方ない!仕方ない!だけどさ…。
でもスタメンに昌子選手もいましたし、小野瀬君もまずまず。川崎選手が…もう少し。ただ、次は水曜なので、また大変な日程になりますね。
by さすらいの話師 (2021-02-28 08:19) 

PopLife

某解説者によると今年の注目チームは
鹿島と清水との事でした。宜しければ両チームについての
見解をお聞かせください。では。
ありがとうございました。
by PopLife (2021-02-28 09:05) 

猫毬

こんにゃす(^^♪
今日もなんか寒い~|ω・`))))晴れなのに…。


あい…(;^_^A。ガンバ、、読み違えですかね\(;^ω^)w
全体のリズムが遅かった気がします。
とはいえ、三浦ー昌子が揃っていながら、中は左程安定しない(笑
御心中御察しします、古橋のマーカーは誰だぁwヤられすぎですよ~w
小野瀬は変則右サイドバックで今シーズン頑張るんですねぇ^^。
ACL組以外はルヴァンですねぇ、、。浦和は楽な組なのでw
少しだけ期待しています(o'∀')b


お、PopLifeさんいつもどもです(^^♪
あ~い了解です(`・ω・´)ゞ

鹿島は新戦力ピトゥカとカイキの入国が遅れています。
開幕前の猫毬評価ではピカイチ評価です。
とはいえ(;^_^A、今はまだ世代交代期。それと、毎度鹿島はw
序盤にグズつくのです(o'∀')b。。気づくと5位とかまで上がってるんですけどね。
何人か調整の遅れがあるようですが、相変わらずのザーゴ監督の放任主義?w
で試合中の対処が遅いようです。
んが(;^_^A、、戦力だけなら、今シーズンの優勝候補です。
多くのサッカー評論も怖い存在と見ていると思いますです^^。。
負ける要素があるとすれば「監督」のせいかなぁ(;^_^A…w
新外人と、若手の起用でチームコンディションは上がってくるかと思うのですが、
毎度、この鹿軍団は出足が遅いのですwこの後に期待ですね^^。


清水はここ数年は不調。
今シーズンは大きい補強をして挑みます。コレでダメなら後が無いでしょう。
最大の補強は新監督ロティーナです。セレッソ大阪から謎の移籍ですが、
手腕は間違いないです。セレッソ時代に作った守備システムは、
昨シーズンのJ最強の盾でした^^。
開幕戦を見た限りでは、、守備的なチームを作るつもりは無さそうでしたが、、
新加入の大分から来た(大分の壁)鈴木義宜は、かな~~り粘るwセンターバック。
とことん相手の嫌がる行動を選択します。猫毬目線では、かなり生きていました。あと、、
新戦力チアゴ・サンタナは当りっぽい動きでしたね(o'∀')b
システムとしては4-3-3?、上手くいっていたのかどうかは1試合では不明でしたw
相手のアタックを際どい所で凌いで、逆転したあたりを見ると、
ロティーナ監督含め、補強はとりあえず上手くいったとみて良いでしょう。
今シーズンは試合ごとのロティーナの采配に注目が集まるでしょう。
初戦で鹿島から貴重な勝ち星は大きいです。
もしも(o'∀')b。序盤で清水が勝ち星先行するようだと、
今シーズンは面白くなります。

こんな感じでどうでしょうか^^。コレ……、、
録画してあって、試合観る前に読まれたならゴメンナサイですm(__)m、。

総評としては、鹿島は、、あ、初戦からヤラかしたなwwwでしてw
清水は、おお( ゚Д゚)ロティーナ、、初戦から采配冴えてるな( *'w')bです。
by 猫毬 (2021-02-28 11:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。