SSブログ

2億4000万 [毬]

えきぞちっくにゃパン.jpg

うむ。本日は、日本代表なのに
日本人がほぼ興味が無いタイでの試合w

AFC U-23選手権タイ2020 東京オリンピックアジア最終予選 第3戦
※日本のグループリーグ敗退は決定しています。

この試合は、勝ったとしても「威信」「プライド」「意地」他…諸々。
つまらんモノしか得られない試合。

んがしかし、、、
対戦相手のU-23カタール代表にとっては
オリンピックへの僅かに残された道筋。
本気で来てくれます。
ちなみに、カタールが勝ちあがるためには、
日本からの勝利が大前提。その上で、
サウジアラビアvsシリアの結果次第、さらに。。
得失点差と得点数次第です。


U-23日本代表にとっては勝っても負けても、
基本的に、何も得るものも失うものの無い試合^^。

2億4000万点得点しても意味は無いし、
2億4000万点失点しても問題は無いです。
(理論的にはね?w)

つまり…何でも試せる練習試合なのに、、
相手が本気という貴重な試合(^^♪

どうせなら、、思い切った攻撃パターンや、
思い切った守備陣形を見てみたいですな(*^ω^*)
7-2-1とかw2-6-3とか…。

他にも、、2タッチ以上禁止とか、、
前半10分まで、9人でゴール前でディフェンス…とかw

相手チームに事あるごとに突っかかり怒らしてみたり。
ワザとらしく転びまくってファウルからのセットプレーの練習したり。

4-3-3をガッツリ試したり。。

んが…ネズミハートのモリポの事だ、、
おそらく小さい事を気にして、、
シリア戦に出てから中2日の選手は、なるべく使わないだろう。
そんで、呼んだ選手全員使わないとクラブが五月蠅いから。。

そうすると、、

      田川

   遠藤   旗手

杉岡 田中碧 田中駿 菅

  立田 町田 古賀

      小島

こうか?

もはや、完全に学生や高校生に負ける布陣ですがw
本来は、このメンバーでも
楽に勝てる大会のはずなのです(;^_^A

いっそU-18で挑めばいいのにな…まぁ結果論ですがね…。
そうそう。U-18日本代表は例年のごとく、1月末から
スペイン遠征でミニカップ戦です♬コパデルなんちゃらですw
昨年U-18スペインに勝った試合ですね^^
昨年は、2020年高校選手権で優勝した
静岡学園の松村優太も出ていた試合ですね^^
やはり、4年後のU-23は楽しみだなぁ(笑)



ラグビーは国内リーグが開催しましたねぇ。。
今はまだラグビー熱の残り火はまぁまぁあったかい^^
なんとなく…
テレビへの出演が激しかった選手の
調子が悪そうですが…(笑)

猫毬的には2月から始まるSR(スーパーリーグ)の方が
興味がありますがw…

んまぁ猫毬は多少勉強したくらいのニワカだw
黙って盛り上がるといいね♪っていっておこうっと(^^♪



あまり情報入ってないんだけれど、、
バドの桃田君は無事なん?
交通事故とはなぁ……軽症だといいが…。
彼は日本人の中で数少ない「プレミアム」だ。
ブジヲ祈る。l。(人д`*)
※プレミアムの定義は後日気が向いたら記事にしますね^^



さ、次の代表戦は3月か。。

ちゃうw一応書いておかねばな。。w

AFC U23選手権タイ2020第3戦

日本 vs カタール 
1/15(水)22:15ko日本時間

次の日がオシゴトの人は早めに寝てね♪(笑)

ああ、そうそう。西野朗タイ代表は
タイサッカー史上初のグループリーグ突破だそうです。
思いっきり予想していたけど、、ホントにやっちゃうんだなぁ…w
(b`・Д・)bおめで㌧♪



あと。不定期な新コーナー

☆王子の窓☆
1/19(日)25:30日本時間
リヴァプールvsマンチェスター・ユナイテッド
出場未定。
カップ戦で初出場を果たした王子ですが、
一緒に出場した選手たちは2軍レベルの選手達ですが、
現地評価は上々。
マンU戦で初のリーグ戦出場なるか?
nice!(79)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 79

コメント 9

ぽちの輔

運転手が即死するような事故で
同乗者が軽い傷のみという発表が何ともウソ臭くて・・・。
帰国後にしっかり調べて治療してもらいたいです^^

by ぽちの輔 (2020-01-15 05:25) 

猫毬

えっと…猫毬はマレーシア経験がありますが、、
KP国際空港と市街地は離れていて、一般的にはマイクロバスで
空港までの高速道路をかっ飛ばして40分てとこです。
猫毬の時もそうでしたが、相当スピードは出します。

車のタイプにもよりますが、タイで流通している車の多くは、
走行は脆く、シャーシはノーマル。エンジンは普通のやつ。
つまり、車がつぶれる代わりに
内部の人間を保護するタイプの車が多かったです。
日本の車だと、タイプ的にはホンダの車がこのタイプです。
ベンツなどのように、装甲で内部を守る構造にはなっていません。

なので車の損害にくらべ、中の人間は案外、無事って
ケースは多いのですが、、
運転手が死亡ってのは気になります。
おそらく相当の衝撃だったであろうと思われます。
※運転手の方のご冥福をお祈りします。。(人д`

マレーシアの医療事情ですが、他の東南アジアと比べて、
タイやマレーシアは比較的、高い医療水準です。
これは日本主導による東南アジアの医療推進策によるものです。
なので初期診断として問題ないってのは信頼して良いかと思います。
んが、なるべく早めに専門の検査を最先端機器で行うべきでしょう。

桃田選手は、実に繊細なレベルでプレーしていたタイプです。
なのでほんの少しのセンスの狂いが
選手生命を短くしてしまう事もあり得ます。
猫毬が気にするのはその辺りですかねぇ…。。
何しろ、世界最高峰のプレーヤーです。。。

なんとなくですが、復帰はできるし
オリンピックにも間に合うと思うのですが、
その細かいフェザータッチのラケットさばきが健在だといいな
って思いです。回復を祈ります(人д`*)
by 猫毬 (2020-01-15 06:30) 

さすらいの話師

>シリア戦に出てから中2日の選手は、なるべく使わないだろう。
>そんで、呼んだ選手全員使わないとクラブが五月蠅いから。

できたら緒戦のスタメンで何がしたかったのか??
それを見てみたい気もするんですけど…意地悪ですかね?
(シリア戦で見た少し良くなった部分が"ヤリたかった方向"だし)

>本来は、このメンバーでも
>楽に勝てる大会のはずなのです(;^_^A

コレは選手たちも思ってたんでしょうね!観てる側だって負けるとは思わなかったですし。ある種、勝つより負ける方が難しかったハズですよ。普通にすれば!


by さすらいの話師 (2020-01-15 09:23) 

zombiekong

U-23にはどよ~んとした気分になってましたが、ニャパーン猫さん見て元気出ました。
by zombiekong (2020-01-15 10:50) 

猫毬

あい(^^♪おはようにゃあ(^^♪

初戦と同じスタメン…それもいいかもですね♪
んがwカタール代表は本来このブロックの最難関w
つまりカタール代表もまた、想定外に苦しんでいるのです(笑)

せっかく死に物狂いで来てくれるんです(;^ω^)
無茶な事をやって欲しいなぁ…って願いはありますが…
やらんだろうなぁ…ww

…んでも、とりま、大きく開いた、使えないワイド…
アレの正解はいったいどれなんだか…wは、
観てみたい気がしますw
by 猫毬 (2020-01-15 10:53) 

猫毬

ニャパーン(^^♪
すみません(;^_^A自分には怪しい風の絵は
描けませんでした(笑)
オ~クセンマン♪オォクセンマン♪
by 猫毬 (2020-01-15 10:58) 

ゆきち

☆王子の窓☆\(^o^)/
デビュー戦、ニュースで見ました♪
監督が「望み通りの選手だ!」と絶賛だったと言ってました。
楽しみだにゃぱ~ん^^
桃田選手の事故、運転手の居眠りでまっすぐに時速60kmでトラックに突っ込んだ、というのが今朝の報道でした。
ダメージが少ないことを祈るしかありません・・・。
by ゆきち (2020-01-15 12:17) 

tommy88

桃田クンは星と言うか運勢と言うか、試練を与えられやすい方ですね。与えられた試練はちゃんと乗り越えるのでしょうが、微細な部分が軌道修正できるかどうか。怪我が回復した、間に合った、金メダルだと外野は思うのだけど、微細な部分を修正する過酷な時間を、外野は考えません。家訓に「バカには近づくな」という掟がありますが、前回の不祥事というか不幸は隙を見せた本人が悪く、反省しなさい。でも今回だけは、個人的努力や理性の問題ではなく、まさにもう運命的な、運勢とか星とかいう次元。となるならば、どこへ導かれているのか、という興味が湧きます。彼が精神的に、ミリ未満単位の修正を成し遂げれば、おそらく聖域に入ってしまうでしょうね。調整って易々と人は言うけれど、娘のそれを見ていて、もうガンバレなんて言えませんでした。それでも五輪に手が届かないのですから、桃田クンの試練は、とてつもないものが待っているのだと思います。

by tommy88 (2020-01-15 12:18) 

猫毬

こんにちにゃ♬

王子は現在、道筋は明るいですが、敵は満超ですw
王子の後に100億越えの選手が加入するなんて噂もありますから^^;
油断せずにマイペースだぁ王子~☆

桃田君は居眠り運転の被害だったですかぁ…。
ツいていないといえばソレあでですが…(´・ω・`)…無事だといいねぇ。



うみゅ。猫毬も桃田君には、そういう同じ匂いを感じました。
シンプルに言ってしまえば、ヤンチャな天才肌。なのでしょうが。
なんか、その手のタイプには試練が付いて回るイメージがあります。
前回のも、ヤンチャゆえ。と言ってしまえば簡単ですが、
正直にぶっちゃけてしまえば、
手を出したのがクスリなどじゃなくて、ホッとした。てのが、
本音でした。甘いなぁ猫毬も…m(__)m。。。
協会幹部もろとも、全ての管理者がクビでもいいから、
桃田は残してやってください。という大人たちの思いを、
彼はどのように感じて今、世界最高峰のステージに居るのだろう?
いや、、今はまず回復。そして、自分のいるべき場所に戻れるのか?
ただただ見守るだけです。

彼は数少ない日本人の「プレミアム」(正確には、その候補)
とっても最近の例で分かりやすく言えば、同種は、、
野村忠宏、内村航平、羽生結弦、、
上野由紀子、澤穂希、吉田沙保里、
北島康介、清水宏保、野茂英雄、鈴木一郎。
他にも、近い選手はいっぱいいますが、もしかしたら、
大坂なおみや池江璃花子選手なんかも、そうかもしれません。
戦っている相手が主に自分自身という選手。
その域の選手の心の中は、
猫毬の妄想でさえ到底届かない。

彼が試練を超えた時。経過を見ずに人々はきっと感動します。
んがしかし、その時に彼の中に不満は無いでしょう。
彼だけが知っているストーリー、彼の闘いですからね。
なので、猫毬はやはり、、、見守るしかないのです。(人д`*)



※みんな、いつもコメントありがとです♬
感謝感謝(*・д人)
by 猫毬 (2020-01-15 13:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。