SSブログ

ゲーゲンプレス [毬]

ゲーゲンプレス.jpg

なんのこっちゃ?

て思う人も多いでしょう(笑)

んでもまぁ。猫毬は日々こんな妄想ばかりしていますw

「ゲーゲンプレス」

グアルディオラやクロップなどの、
新しいタイプの知将達が戦術に組み込んでいるプレッシング戦術。

他にもいっぱい戦術基礎が存在するのですが、
こいつが最重要かもしれません。

さて、、サッカーのゲーム中。
アタッキングサードやミドルサードで、、

…ああ。アタッキングサードってのは、
ピッチ全体を3分割した時の、
攻撃側で言うところの前線の1/3のエリアの事。

当然、ミドルサードは真ん中のエリアの事。
つまり、ミドルサードは両チームにとって同一のエリアになります。
一般的には「中盤」と言います^^。

さて戻ります。。

アタッキングサードやミドルサードで、、
ボールを相手から奪って、短い距離を縦に早く攻撃することを、

「ショートカウンター」と呼びます。

こいつは、多くのチームで得点率が高い展開です。
当然、日本代表でも最も多い得点パターンでもあります。

逆に日本代表は遅攻が下手ですよね~w^^;
よく、ドン引き相手に攻めあぐねているでしょう?

んでも、実は相手にしてみれば、超焦っているのです(;^_^A
何せ一歩間違えれば即シュートを撃たれる位置です。

守備時に、相手のアタッキングサード(つまり自陣の深い位置)で
ボールを奪われるとピンチって事です。

当然守備側としてはエマージェンシーなので、
とにかく、必死でボールを奪い返しに行きます。

さぁ。必死でボールを奪い返して一安心。。(^^ほ♪

「ゲーゲンプレス」てのは、ここから発動します。

相手にボールを奪われたときに即時始まるプレス戦術です。


(^^ほ♪
としたのはいいけれど、、奪ったボールをどうしよう?
ボールを奪ったは良いけれど、必死だったから
奪った後の事を考えてなかったよ
ヽ(д`ヽ≡アタフタ≡ノ´д)ノ


ゲーゲンプレスってのは、こんな時、相手がようやく
ボールを奪い返した瞬間。
に、圧倒的なプレッシングで一気にボールを奪い返しに行く
「局地プレス戦術」です。

文字だと解りにくいですねぇ^^w
でも、こいつの理論は図にすると更に混乱しかねないのです(笑)


なので猫毬が、さらに簡単に説明しましょう(^^♪
「ゲーゲンプレス」とは
攻撃時に、相手にボールを奪われてしまった際に、
一気にボール保持者に襲い掛かり、
ボールを奪い返し、再攻撃する戦術です♬


なぜ今、ゲーゲンプレス?なのですが、
一昨日の、なでしこの試合で一瞬、そんな場面があったので^^
てっきり高倉監督のマル秘戦術と思ったのですがww

勘違いでしたw偶然だったみたいです(^^♪
でも、結果は出てましたよね^^3-0で完勝でしたので^^
この戦術の効果が高い事は間違いないのです。


また、最近、南野のリヴァプール移籍が騒がれていたので、
思い出したのです♪

リヴァプールはクロップ監督♬なので、
ゲーゲンプレスは当然、基礎戦術です。

んで、驚いたのですが、、
オーストリアのザルツブルクも、実は基礎戦術に
このプレッシングを組み込んでいるそうです。

南野は、そもそも基礎的には体に染み込んでいるんですねぇ^^
※移籍後最初に覚えた言葉がゲーゲンプレッシングらしい…w

日本代表もすればいいのにって思うでしょう?

できないのですwwww

スピードと勇気が無いからです…(´・_・`)ショボン…。。

見たいよねぇ見たいよねぇ…w
せっかく南野王子いるのだからねぇ^^


以前から森保がチキンて言っているのはここです。
現在の森保は、代表招集の幅をアホみたいに広げています。
※悪くはないけどね…大学生がA代表の試合のCBはやりすぎよw

ゲーゲンプレスや偽サイドバック理論などの高度な戦術は、
短期間で大人数に浸透させるのが難しいです。
※けっこう複雑ですので^^;

なので、やるとしたら代表の選考幅をある程度固定し、
強化キャンプの日数を増やさなければ出来ないでしょう。

期待したいですけれど、どうなりますかねぇ…。



今日はちょい難しかったですか?(;^ω^)
んが、、冒頭のイラストは猫毬イメージの
「ゲーゲンプレス」です。
どうだぁぁぁあww ぐへへへへへへ

でたな!悪の大魔王ゲーゲンプレス!今日こそ俺たち猫毬レンジャーがお前の野望を打ち砕くぞ! ぐへへへそいつはどうかな?……!!!!!!!!!!!ピンク!! ぐへへへへーどうだぁ猫毬ピンクはこちらの人質だ。どうなってもいいのかぁ??ぐへぐへ く。。。汚いぞ!ゲーゲンプレス!正々堂々勝負しろ!!! …つづ。。。かない。ww
すごいやさしさ(56)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

すごいやさしさ 56

コメント 4

さすらいの話師

>オーストリアのザルツブルクも、実は基礎戦術に
>このプレッシングを組み込んでいるそうです。

基礎戦術ってのは基礎で応用だって出来るからコソの基礎なんでしょうか?日本代表だと分かっちゃいるけど、実践出来ない様な気がしますよね?代表だとヤッパリ失点は怖いですから。

ただ失点を怖がってジリジリ下がると尻貧なのはJでも同じで、勇気を持ってプレスかけたら、アラ不思議!?ってコトもあるんですけどネ。ただ、そのプレイが継続しなかったりするのが面白いトコで。
by さすらいの話師 (2019-12-16 10:12) 

猫毬

おはにゃ♬晴れ~♪寒~^^
いつもコメありがとにゃあ♬

こいつの応用。。出来……るのかなぁ^^;
基礎戦術ってのは「基盤」って意味の方が近いかもです。
「うちのチームでは主に攻撃と守備のやり方はコレです」
みたいなイメージの方が近いです。

応用を見たことが無いので、、解りませんが。。
てか応用を見ても猫毬の脳みそでは
判断が出来ていないだけかもですがw
例えば激しさを半減してコレをやると。。。
フツーのプレスになっちゃいます(;^ω^)

このプレスはですね。実際は数種類ありまして、、
そのひとつは、時折、小学校で見かけます(笑)
ボールに一斉に群がる。。アレですw

ロングボールさえ蹴らせないほどのハードプレスです。
ロングボール蹴られると、そこには広大なスペースが
広がっていますからw

リヴァプールの場合、そのスペースを、
世界最高DFファンダイクと、ブラジル代表GKアリソン。
このふたりでカバーしています。
それゆえに出来る戦術ですねぇ^^

冨安とシュミットなら……って妄想は猫毬だけでしょうかw

そして、このプレスの特徴は継続しなくても良いところです。
休みながらやらないと90分持ちませんから(;^_^A

※ジリジリ腰が引けてライン下げるのは日本人の悪い癖です。
このあたりは、根深い問題かもしれませんねぇ^^;
by 猫毬 (2019-12-16 10:51) 

カトリーヌ

いつの間にかクリスマス仕様になっていますね♪
ソリとサンタさんが影絵みたくなっているのがいいっ!
もう来週なんですよねぇぇ
全然クリスマスな気分にならないこの頃ですが(〃 ̄ω ̄〃ゞ
by カトリーヌ (2019-12-16 16:43) 

猫毬

あい。こんにちにゃあ(^^♪

おお…やはり、。かろうじてサンタに見えるのか…(;^_^A
光栄ですw
猫毬も、この時期ひっそりと、ひとつ歳を重ねるのでww
あまりクリスマス感は無いです^^;
んでも周りを見回して無理くりクリスマス感を出して、、
いくことで歳を取る事を誤魔化します(笑)(笑)

by 猫毬 (2019-12-16 16:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。