SSブログ

強度型サッカーをパススピードで打開する方法。 [毬]

ほい♪ルヴァンカップの結果を見ずに書いています(;^ω^)
結果はどうだったですか?。大物喰いはありました?w
追記:( ̄▽ ̄;)wwwww

少し前の記事でダイレクトサッカー…
いわゆるJリーグで「強度型」と言われているサッカーの席捲をとりあげて
その時の記事では「基本的にソレに付き合って勝つしかない」と書きましたが

実は、攻略法はいくつもあるんです( *'w')b

んでも、最も手っ取り早いのが、相手と同様に雑で荒いチャージ。スタミナ。
ソレで対抗する。これだと、
あまり脳みそも技術力アップも無しでやれるですからね(;^ω^)

んでも、本科k的に攻略するなら、やはり欧州と同じやり方。

個人技術の向上。それと、プレー速度を上げる。
※ま、結局、技術が上がらなければ、
速度の上がったプレーについていけませんから、同じ事を言っているです^^;

日本国内Jリーグでも、同じ。そして、すぐにでも出来るのが、これ。

『バスのスピードを極端に上げる』

です(^_-)-☆

パススピード.png

強度型のサッカーの中身は、とてもシンプル。
相手のパスの出どころ、もしくは、パスの収束地点へのプレスの連続。です。

でも、、もしも…想定するより早く、パス動作が行われ、
想定するより早いパスが、パスの収束点に到着したら?…

それだけではありません。
パスが早いという事は、パスのレンジ(長さ)も伸びるという事。
つまり
パスの収束ポイント(出しドコロ)が増えるんです。

これによって、強度型のプレスはパスを制限する事が出来なくなり崩壊します

はいはい^^;。もちろん並大抵のスピードでは相手の想定内。
なので(o'∀')b。。

シュートを撃つつもりでパスを出す。

コレですww

実際問題。Jリーグでのシュートのスピードは、
イングランドプレミアリーグのパスのスピードとほぼ同じ(´-∀-`;)

そう考えると、Jリーグを席巻している強度型のサッカーは、
少なくとも今のままでは、欧州(特にプレミア)のクラブには一切通用しない。

もちろん、高速なパススピードや、
技術の高いプレースピードを予測したプレスには効果がありますが、

現実問題、ソレが(人間の反射速度では)出来ないから、
欧州のサッカーなどでは、迂闊に距離を詰めるプレスを行わないのです。

いま、日本のトップリーグJ1リーグでは、
まだそこまでプレー速度や技術が上がっていない。
ボールを弄るのが上手な選手は多いが、全てを高速でプレーする選手は少ない
ってか、、多分ひとりもいないでしょう。

なので、まずは、パスのスピードです。スピードが上がればレンジも伸びる。
パスが通せるレンジが伸びれば、相手のプレス網に穴が空きます。

パスの受け手は相手より早くパスを想定して動き出せるし、
パスの出し手は1列,2列先の選手へパスが出せる。

現状では、パスの受け手が、、
「あんなとこから、ここまでパスが出てくるわけがない…」と、考えて、
短いレンジのパスを(相手の密集地で)待ってしまっているんです。

だから、すぐにボールが回収されてしまう。

その1枚先の位置でボールを受けるイメージを、
パスの出し手と共有できなければ、いつまでも変わらないと思います。

現実問題、例えば、徹底的なパスサッカーの水色さんなんかは、
おそらくこの方法での打開でしか、現状を変えられない。
※少なくとも鬼木さんはたぶん、そう考えている。

また、ヘグモ式といわれている赤軍団のサッカーも、
あと一段階だけでも、スピードを上げなければ、
とてもじゃないが上位戦線を維持する事は叶わない。

少なくとも、猫毬はそう見ています。

(=^・・^=)

※強度型をぶっ壊すサッカーが、日本サッカーの次のステージ。
そのための「スピード」なのです。

※ま┐(´д`)┌…とりま赤軍団に、そのスピードは無い事は立証された訳だが…笑(追記分)


スピード (クラシックCD付)

スピード (クラシックCD付)

  • アーティスト: 森口博子
  • 出版社/メーカー: 株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2024/04/03
  • メディア: CD



とてもいえないやさしさ(88)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ