SSブログ

え~~~~~~~~~お♪ [音楽]

えーーーーーーーーーーーーお.jpg

エ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~オ!!!!!

ようやく観たよ~w。世上の影響を一切受けたくない猫毬は(;^ω^)。
世の声が収まるまで、かなり待ちましたが…w。。



ボヘミアンラプソディ

多感期だった頃の猫毬は、年の離れた兄の影響で、
微(かす)かに洋楽に触れたりしていました、
兄の愛蔵コレクションのMUSICLIFEをこっそり盗み見て、
兄の愛蔵LPレコードをこっそり聴き(;^ω^)。
猫毬の音楽感性は、ゆっくり変化していきました。
そんな中、まさにデリケートな年齢だった猫毬の視聴覚に、飛び込んできたのは、
1985年7月13日~14日朝(日本時間?w)の熱狂の渦の映像と音の波。。
「ライブエイド」でした。
当時、まだロクに知っている曲もミュージシャンも知らなかった猫毬にとっては、
聴いたことも観たこともない人たちがギュインンギュインと伝えてくるメッセージに、、
なんで溢れ出てくるのか解らない涙と、
のちにシコタマ母に怒られる事になる、早朝の咆哮は、
多感期の少年の心に多大な刻印を文字通り刻み込んだのです。
※めっちゃ途切れ途切れの放送で日本風の放送でしたが…(笑

ボヘミアンラプソディという映画作品。

何度も観て、感動し、泣いた人と、、
面白くなかったとは言わないが、泣く程では無かった。
という意見に分かれるといわれていましたが、
その理由が存分に理解できる映画でした。ぅん((´д`*)ぅん。

上述通り、少年猫毬は、当時、もう十分に十分に、、受け止めた上に、
後日、洋楽にハマっていくと共に、調べに調べ、音、映像、情報、を知っていく中で、
事実や矛盾、やりきれない思いを、イヤというほど感じたです。

もしも、猫毬と同じタイプの人が、まぁまぁ多かったとしたら、、
この作品は、あの頃の思い出談。。後追い映像でしかない。。
…燃やし尽くしたのよね(;^ω^)あの時に…w。。
それでも、熱い思いを思い出すに至ることは、嫌な思いでは無く、
映画に多少脚色があったにせよ、作品としてヒットした事も頷けたです(^^♪

※猫毬の歳の離れた兄は「ULTRAVOX(Midge加入後)」のファンでしたので、
ライブエイドの発起人とされるボブ・ゲルドフと、
もう一人の音楽プロデューサー、ミッヂ・ユーロ(ULTRAVOXのVo)も良く知っていまして、当時の古今英国音楽ランキングで、ベスト10に、
ビートルズとクイーンの曲が9曲。ただ1曲だけ別のバンド、
それが「ビエナ」という曲♪※猫毬はさほど好きではありませんw。
この曲を作ったとされるのがMidgeUre率いるULTRAVOX。
彼らはクイーンのような創造性のあるロックではなく、
当時台頭してきていたユーロビートとロックの融合。
あと、バランス(4重奏)において優れたバンドでした。ただ、テーマは違うとはいえ、
ボーカリストの歌声も「バンドの音源を構成する一部」と、いう意味では、
クイーンに近しいバンドといえます。
また尖がった性格の多いクイーンと違うのはw、ULTRAVOXが穏健派で合理主義者が多く、ミッジ・ユーロのプロデュース力が存分に発揮された事も、
ミッヂがライブエイドのプロデューサーのひとりとして選ばれた原因でしょう。

ライブエイドは、60年代~のウッドストックを、
数十倍にして世界規模で行われた音楽革命。
おそらく…、今後、あのような事は人類音楽史には起きないでしょう。
※まったく違ったカタチでのカルチャーショックは起こりそうですが…(;^_^A。
これは悲しい事でもありますが、人類の音楽文化が進化した結果ともいえます。
いつの事だったか、
直接の時代に聞いたわけではありませんから正確には覚えていませんが、
カブトムシ組(びとるず)のJくん、だか、Pくんが、言っていたんですが、
「いつの日か、音楽と映像が融合する日がくる」
そんな事を言っていたような、いなかったような…w。
猫毬は、、じつは、その時代は既に始まっているように思うのです。
コンピュータやインターネット技術によって革新的に変わろうとしている音楽の世界。
「映像」が「音楽」の、ただのトッピングではなく、
不自然なく共存する日は、もう始まっている気がするのです( *'w')b。
少し前に猫毬ブログでも紹介した「マイアヒー」の牛さんや(笑)。
最近の「YOASOBI」の楽曲、また、楽曲製作の過程など、
映像とともに「発信」する事。で、伝えるメッセージ(または伝わるメッセージ)が、
少し変化していく音楽。と、いうものが今の音楽界を席巻し始めているです^^

とはいえ、ライブはライブ♪、
今、ここで、同じモノを感じる。という文化は、変わる事無く、色褪せません。
そういう意味では、「ライブエイド」という、カルチャーショックを、
もう一度味わいたいなぁ…という欲求は、隠しがたいですよね~(;^ω^)。。
※まぁ、。、当時もテレビ中継ではありましたが…www。
※2。あと、、現在のパンデミックの世界では望むべくもありませんが…(-_-;)。


(=^・・^=)


※あの時、ライブエイドの会場となった、旧ウェンブリースタジアム。

もうすぐ行われる、欧州選手権の決勝。。
ウェンブリーで起こることが、
後に「ウェンブリーの悲劇」と、いわれる事のないよう願っております(人д`*)

すごいやさしさ(96)  コメント(9) 
共通テーマ:音楽