SSブログ

Jリーグ開幕 FC東京戦を見て、、浦和レッズ 考察 [毬]

ミニ浦和レッズロゴ.jpg

いや~面白かった(^^♪中村憲剛が解説だったw

浦和の新監督リカルド・ロドリゲスが短い準備期間で、どこまでチームを作りこんできたか?
が注目されましたが、、素晴らしかった。。です(o'∀')b
昨シーズンと同じチームとは思えないほどの変貌を遂げていましたw



こっからサカヲタ話w。。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

システムは可変でしたが、ポジションに固執せずプレッシングは前からいきます。両サイド、ワイドは広くポジショニング、こうなると、GK西川、山中の大きいパスの精度が生きてきます。昨日紹介した明本も右MFで攻守にハードワークで貢献。新キャプテン久々の阿部ちゃん♪はチーム内に安心感と、うっかりで空いた穴のフォローに生きていました。杉本のワントップ気味ですが昨シーズンと違い大きくポジションを変えます。そして、何より新鮮な戦力だったのがFC琉球からきた金髪くん(^^♪小泉佳穂。インサイドハーフとしてフル回転。実質上チームの柱になりました。彼が在籍していた頃のFC琉球には小野伸二がいた、、何かお話とかあったのだろうか?小野伸二が若い頃オランダ帰りで浦和に復帰した時の背番号が18番。そして小泉佳穂もまた18番。何か、そこにドラマがあったのかなぁ(;^ω^)。正直、今日の彼のプレーレベルなら猫毬は代表に推したい。そんなレベルでした。また阿部と小泉の間のスペースを埋めていたのが、これまた新戦力の伊藤敦樹。若い3人。小泉、伊藤、明本の新戦力が躍動した試合でした。ディフェンスではスタメン見た時に岩波先発に不安がありましたが、かなり頼もしくなってました。全体的に守備では無くプレス型のチームになったですねぇ。コレは、、期待できる、、♬~。
R・ロドリゲス監督は、この試合に際して、いきなり結果が出せるかは分からないが、
やってきた準備の一端は見せられる。と言っていたそうな、、そのコメント通りの試合となった。結果的に1-1の引き分けとなったが、、十分に可能性を感じる試合内容でした。んが、同時に、まだこのチームは完成していない。という事がハッキリわかった試合でもありました。その点も監督は試合前から、「チーム作りには少し時間がかかる」とコメントしていた、そのあたりも、まさに言葉通りになりました。ふむ、。退屈と思っていた推しクラブチームだったが、、しばらく楽しめそうだ(^^♪

ちなみに、1-1の浦和の得点は阿部ちゃんの得点(^^♪スバラシい♬

そして活躍した小泉佳穂は、前橋育英出身。この日、対戦したFC東京には、同じくJ1初挑戦の高校の同級生、渡邉凌磨がいた。この二人が高校3年生時に出場した高校選手権では、決勝まで進み、この日、闘った埼スタで惜しくも敗れ準優勝だった。二人にとって思い出の地での対戦だったが、同級生対決は小泉に軍配が上がったように感じました♪。余談かもですが、同じ日、開幕戦で大勝した札幌で、2得点挙げた金子拓郎は、やはり同じ前橋育英高校のイッコ下の後輩(;^ω^)。3人は卒業後、違う大学に進学し、ソレゾレの道で今シーズンJ1に辿り着き、初のJ1を戦います。猫毬は厳密にチェックしていませんが、もしかしたら、そんな風な選手がまだまだたくさんいるかもです(o'∀')b

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

さて波乱含みの開幕説でしたね(;^ω^)、。。コレtoto当てられる奴いたのか?(笑)

まぁ、、荒れ気味のリーグは歓迎です。んが、、フロンターレを包囲しなければ、
また独走されちゃいそうですw。川崎は今シーズンに向けて、
明らかにシステムを変化させました。。スーパーカップと開幕戦で見せた、、
何つーか……鶴翼の陣?的なサイドの広げ方は、昨シーズンには無かった。
。。まぁいっか(;^ω^)水色軍団については後日暇だったら書きます(;^ω^)

ともかく、国内リーグで楽しめそうな元気な若者が見れるのは良き事です♬
暴れまくれ~~(^^♪


(=^・・^=)
すごいやさしさ(111)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

旅立ちの日に [季節]

少し気が早いかな?(;^ω^) 卒業シーズンが迫っております。

旅立ちの日に.jpg

学生たちには難しい時代よねぇ…(。-`ω´-)、、
でも、なんとか踏ん張って欲しい( ;´Д`)、そう願っております。

さて、卒業式。。と、いうと「卒業式ソング」(o'∀')b

昨今の定番卒業ソングは「旅立ちの日に」だそうな…

(;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)

1㍈、も知らん(笑)(笑) 曲名も何も、微塵も聴いたことが無い(;^_^A。。
※調べたから聴いたけど…w
調べたところ、現在の20代、30代の人には圧倒的な「定番ソング」だそうです。

(´ε`; )ウーン。。猫毬の時代は「蛍の光」「仰げば尊し」の2択だった…。。
猫毬個人的には、、「仰げば尊し」でさえ、学生時代には、聴いたことが無かったですw
卒業式にはクチパクさえも、しなかった記憶があります(;^_^A。ダッテ シラナイノダモノ…

なので、、知り合いとの話の中で、当然のように「旅立ちの日に」の事が出たり、
いきなり歌われると、とまどいを隠せなかった猫毬w。。
そんな時は「GLAY / とまどい」を歌い返します(;^ω^)。。
戸惑い~悩んで~汗を流して~♬~

ちなみに、卒業ソングって言っても、
学校の卒業式で歌う定番ソングと、いわゆる歌謡曲の卒業ソングって違うかもですねぇ^^。

歌謡曲の卒業ソングの方が、時代を反映している気がするのですがねぇ。
猫毬の卒業時代は何が流行ってたんだっけか??
尾崎?長渕?ユーミン?斉藤由貴?はたまた柏原芳恵?ww


まぁともかく(;^_^A・。。
猫毬は微塵も知らない。って記事でしたw


(=^・・^=)


※ちなみに、転校した学校で、いきなり朝礼で、「○○校体操!!~~」っていわれて。
周りみんながヘンチクリンな体操を始めた時の動揺は、今なおトラウマです(;^_^A

すごいやさしさ(112)  コメント(10) 
共通テーマ:学校

選手紹介(浦和)「明本考浩」 [毬(選手紹介)]

うむ(-_-;)…猫毬メンヘラ中……。
           ヒトって醜いなぁ…(;´Д`)…。。
  社会って臭いなぁ……(ノД`)。。


ネタはあるんですけれども、書くモチベが…今は無いのです。

なので、個人的に気になる選手を、気ままに書いてみる。
こ~ゆ~時は、書く気になるモノだけを書こう。そうしよう。
マイノリティ溢れる記事で「ゴ」m(__)m。。


明本考浩.jpg
※画像はお借りしています。問題があればご連絡ください^^

明本考浩(23歳)170cm
FW,MF,他…。左利き。浦和レッズ所属。


昨シーズンに栃木SCでデビュー。開眼。
五輪世代より1こ若い年齢にしてチーム内の主軸、得点源になった。
堅守の栃木SCの中、スプリントを生かしたプレッシング能力と抜け出し。

ジュニア時代から栃木SCアカデミー所属。
高校時代も大学時代も昨シーズンも、猫毬の眼には止まらなかった。
ってか情報さえ見逃していました。
自分の情報網に引っかからない選手で良質な選手がいる。
それが今は少しうれしいです^^。
そっか…こんな選手が埋まっているのか…。日本サッカー。。成長したなぁ…。

さて、今シーズン、浦和に移籍してJ1デビューですが、
果たして通用するかどうか(;^_^Aです。。
猫毬の見立てでは、、スプリント能力はJ1でも十分通用するでしょう。
問題は、、フィジカル面。。(。-`ω´-)。
多くの若い選手がJ1のアホみたいな体のぶつけ方に、ぶっ壊されていくのを、
何十人…いや…何百人…見てきた事か……。(-_-;)

んがしかし、彼に期待したいのは、まさにソコです^^。
170cmという身長は、サッカー選手としては小柄な方でしょう。
J1の外国人選手などからすれば蹴散らせそうな小ささに感じますが、、
そのあたりが、サッカーの妙です(o'∀')b
大柄な選手にとっては、小さすぎて潰し難いwwwて事が往々にしてあるです。

もしも、いや、ほんと、もしもハマるようなら、。。
こいつは、衰退した浦和の起爆剤。いや。。Jリーグの起爆剤。
はたまた、代表なんてことも(;^ω^)・・・。


うむ、今は、この「栃木の星」を、見守るとしようかな(^^♪


(=^・・^=)



※猫毬の贔屓目の紹介だから、画像を少し小さくしたよ?w
すごいやさしさ(102)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

明日 2/26 Jリーグ開幕 2021 [毬]

Jリーグロゴ.jpg

2021 Jリーグ開幕します。

2/26(金) 川崎F - 横浜FM 18:00
2/27(土) 札幌 - 横浜FC 14:00
2/27(土) 浦和 - FC東京 14:00
2/27(土) 広島 - 仙台 14:00
2/27(土) 大分 - 徳島 14:00
2/27(土) 鹿島 - 清水 15:00
2/27(土) 湘南 - 鳥栖 15:00
2/27(土) C大阪 - 柏 16:00
2/27(土) 神戸 - G大阪 17:00
2/28(日) 福岡 - 名古屋 13:00

昨シーズンは新コロの影響で開幕延期(リーグ停止)再開。と、難しい環境でのシーズンでした。
今シーズンも負けず劣らずの難しい状況での開幕です。
・緊急事態宣言下における入国制限による、新戦力の入国が出来ないクラブ。
※徳島なんかは新監督が入国できません><
・非常にハードな日程。J1は20チームでのリーグ戦。
・リーグ戦中の期間に五輪。
・W杯予選、アジアカップ、ACL、のグラつく日程変更。

また、緊急事態宣言下にもかかわらず、有観客での開幕。。
猫毬的には、変異株の拡がり、も、気になるし、、
サッカーファン以外の反応も気になります(-_-;)。。

昨シーズン、Jリーグを再開、開幕した時の全国の新規感染者数は92人。
再開・開幕に当たっては、無観客。さらに、
東地区のクラブと西地区クラブの往来を禁止した状態でのスタートでした。

現在、、、2/24の全国の新規感染者数920人。(;´Д`)。
昨シーズンの10倍の感染者数の中、
有観客(5000人上限、スタジアムの半数)で、東西制限もなく開幕します。

もちろん、新コロとの戦いのフェーズが変化したことは大きい。
しかしながら、単純に数字を比較する人も居るのでは無かろうか?
と、いうのが猫毬の懸念です。

また、川渕が阿呆な事に巻き込まれ、、JFAの田嶋会長は組織委理事だ。
サッカーに対して、色のついたメガネで見る人が居ても、何ら不思議はない。
※まぁプロ野球もほぼ同じ条件だが…(;^_^A

ともあれ、猫毬が力づくでリーグ開幕を止める事は出来ないしw
ぶっちゃけていえば、、、
スタジアムまでの道程を人が移動する事には反対ですし、
試合後に人が群れる可能性を否定は出来ませんが、、
スタジアムに間引きの客を入れる事での感染確率は低いのではないか?
と、根拠もないながら、なんとなく思うです(;^ω^)

なので、サッカー観戦に行く人~。感染予防にじゅぶん留意して、
試合後は真っすぐ帰宅してね~(* ̄0 ̄)/~


(=^・・^=)
すごいやさしさ(95)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

テッカめん [ヒーロー]

猫毬は世代的に、おそらく、、まぁまぁギリ、で、

昔の遊び。。コマ回し、ヨーヨー、ゴム跳び、めんこ、凧あげ、etc…
全て、一応、こなせます(^^♪

コマなら、ベーゴマから木ゴマ、
ヨーヨーなら昔のヨーヨーから、コカ・〇ーラ製のヨーヨー、
はたまた、ダイモン印のヨーヨーも操れますw
男子ながらも、ゴム跳びも、あやとりも、できます。
竹とんぼも、紙ひこうきも、紙でっぽう、、てか折り紙も、
ゴム鉄砲も銀玉鉄砲も、空気銃もBBガンも、狙った獲物は外さない……ウソデスw
凧あげなら、青雲の文字が入った凧でも、ゲイラカイトでも…なんでもあげれます(^^♪
ゲイラカイト.jpg

お外の遊びも、一通り、、
ドッヂボールも、けんけんぱ♪も、各種鬼ごっこ系もw。
中には、地域で名前の違う、独特な玉遊びなどもやってました(^^♪


そして、世代的に、、おそらく大抵のゲームに、ある程度、対応できます。

インベーダーでなごやうち(^^♪ブロック崩し。
ドンキーコング、パックマン、、ゼビウス。。
マリオブラザーズ、ファミスタ、ドラクエ、
信長の野望、みんゴル、ウイイレ。マリオカート、
もも鉄、スマッシュブラザーズ、あつまれどうぶつの森、
フォートナイトでもなんでも^^。
※もう何もやってないけど…w

良い世代に産まれたなぁ…とソレばかりは思うのです(o'∀')b

今、、歳をとって、、全てこなせるのかなぁ、な~んて思ったりもしました。
んが、先日、若者と大きいゲーセンでレーシングゲームで数人で競ったところ、
ふむ。、フツーにぶっちぎりだ…。。なんだろ、
少し遠慮してワザと負けてしまったよ(-_-;)。
若者よ……も少し鍛えるがよい。ふぉっふぉっふぉw


ところで、少年猫毬の時代の、一部地区だけだったのかもしれませんが…

めんこ 。時代によって印刷されているキャラクターは様々でしょうけれど、

猫毬の時代は、ロボットアニメや、戦隊もの?など、
テレビで活躍していたヒーローが多かったのですが、

その中でも「テッカマン」の めんこ が ありまして、。、
komarimashi-img600x600-1520489129bw5nyd31202.jpg
不思議な事に、、異常に耐久力が高いのですwww。。

その頃、少年猫毬の界隈では、テッカマンのめんこ を、、

「「「テッカめん」」

と呼んでいました( *'w')b。。

パーマン や デビルマン のめんこ もあったのですが、、

パーめん、。デビルめん。。とは呼ばないのです(;^ω^)。

テッカマン の めんこ だけが 「テッカめん」。。(笑)

今でも不思議で、永遠の謎です♬w


猫毬の心の中の、ダイジな不思議♬。
解き明かすことなく大切にしまっておこうと思います。



(=^・・^=)



※全ての物事を、明確に白黒をつけ、解き明かさねばならない。なんて……
   ヒト の エゴ だと思うのです。(^ω^)

すごいやさしさ(108)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー