SSブログ

なでしこE-1総括と今後の「FIFA 女子ワールドカップ2023AUNZ」へ向けて~ [毬]

サッカー女子ワールドカップ2023AUNZロゴ - コピー.jpg

ふむ。まず、なでしこジャパン♪E-1優勝おめでとです(^^♪
( ´∀`ノノ☆パチパチパチパチ

ほい。(+・`ω・´)キリリ。祝辞。おわり。

内容は鬱鬱たるものでした。。結果的に韓国がヤらかして日本が優勝しただけ。

走らない中盤。要求しない、動かないアタッカー。ヌルい最終ライン。

クリアボールの9割以上は相手かピッチ外に蹴られ、、

セカンドボールの回収率、ボール奪取後の攻撃展開速度、パスの精度、スプリント、

デュエル、枠内シュート率、、きちんとしたデータが全て見れないですが、酷いです。

それでもなお、前監督,高倉の時代より、可能性は感じます。

前監督の時代は、個を殺し、何一つ通じないサッカーでしたからね…。。


来年のワールドカップ…は、出場国拡大で、本命馬が消える可能性もあるので、

「FIFA 女子ワールドカップ2023 オーストラリア&ニュージーランド」

ゼヒ優勝を狙っていきたいところですが、

ただ、フトシ君じゃなぁ…( ̄▽ ̄;)。。※いい奴なんですが…w

なでしこジャパンも、格下に負けたり引き分けたりしてると、

グループリーグ敗退なんてことも…ありえるかも…( ̄▽ ̄;)。。

また、オージーとニュージー全土に広がる開催エリアは、

なんなら欧州全土で開催するようなもので、、広大すぎて、、

「移動」に耐えうるコンディション管理も重要になってきます。

そういう事も含め、すべての面で、今のJFAに期待、、は出来ないけどなぁ…。

(;^ω^)。。

ともかく、最低限、2024年の五輪のメダルは狙いたい。

サッカーに限らず、より先の可能性を見据えることは全ての物事の基礎です。

協会の体質や、やりかたはともかく( *'w')b(ソレが一番重要なんですけどねw)

猫毬的に、戦術レベルの推奨は、、

現J1のサガン鳥栖のシステムの導入でしょう( *'w')b.

鳥栖と言えば、、、そうw。GKもフィールドプレーするスタイル。

川井監督の極端な同サイド圧縮サッカーです。

元々、フルピッチプレスと速攻が売りだった鳥栖ですが、

走り続けた反動が大きく、乳酸値が貯まり、後半に巻き返される事も多いです。

たえず走ることが要求される中、

正常な判断も難しく、パスは不正確になり、危険なプレーも目立ちます。

鳥栖にラフプレーが多いって印象は、この辺からも推測できます( *'w')b

川井監督が持ち込んだ戦術は、前半はいつも通り、

フルピッチプレスでピッチ全面でプレッシングしてボールを奪い、カウンター。

さらに(o'∀')b.そこにゴールキーパーもフィールドプレー参加させて、

苛烈に先制を奪いに行きます。

システム的には

3-4-2-2.みたいなカタチw。w。うん。軽ぅく,クレイジーよね(;^_^A。。

で、先制出来れば3点くらいまで継続。先制されてしまった場合は、、

ドン引きして、守備からの縦いち(後方からのカウンター)。徹底しています。

今のなでしこは、明らかに「走り」が足りません。

それを、とりま、このシステムで手っ取り早く補います。

主力の一部、長谷川唯などが海外から合流すれば、パス精度は上がりますし、

GK山下は足元も上手い。

走り込みが足りないのは、そのあたりはフトシくん監督に,練習,張り切って貰いたいですね。

※池田太。なでしこ監督。熱血漢として有名。すぐ泣く(すくなくとも昔は…w)

で、苛烈なプレスカウンターはこんな感じ。

  FW FW

MF MF MF MF

 DF DF DF

  DF GK
 
 (ゴールはがら空きw)

これで、フルピッチプレス。DFはFWの位置まで平気で攻撃参加します。

当然、カウンターを食らいそうな時は全力でリトリート(自陣に引き返す)

なりふり構わずファウルでもして止めます。

先制された場合、、または先に3点獲れた場合。

   HW
  MF HW
 DF DF DF
DF DF DF DF
   GK

※HWはハードワーカーの略。猫毬オリジナルです。
相手選手を自由にプレーさせないためにハードワークを繰り返す専門の選手。

このカタチで籠ります。亀さんです♪

ってか、

日本代表相手にアジアの国々がとってくる作戦って、コレでしょう?w

つまり。

同じことを日本がアメリカやスウェーデンにすればいいだけ。そんだけです。

※ああ、いや(;^_^Aキビしい事は重々承知している。

こんなもんですかね~。。


(=^・・^=)


※男子の試合はこれから始まるのでまた♪ってか、語るべきことは無かろう…w

※7/30にはJ1再開。8/3はルヴァンカップ準々決勝開始。

すごいやさしさ(103)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

すごいやさしさ 103

コメント4

さすらいの話師

ハードワーカー。。。
HWタイプの前線って、Jリーグで良く見るタイプですよね?

そういや男子の代表も、ハードワークが売りな感じじゃないですよね?代表だとサイドと中盤が走ってるイメージがあって。。。

男子も女子も優勝したのは、とりあえずオメデトウですけど。
相手も含めて、元気のない大会でしたね。。。
by さすらいの話師 (2022-07-28 00:43) 

猫毬

うぃ( *'w')b.ようは、ポジション名ではなくタスク名ですね。
なので普段の立ち位置は,その都度どうにでも対処できる位置。
ってのがポジション名ですw

はい。フル代表で森保お気に入りの毎度のメンバーが揃う時は、
前からプレスはかけない。かけても二人目くらいまで。
大きいサイドチェンジは使わない。
コレが決まり事なんですかね~笑笑。

E-1は、、まぁ毎度こんなとこでしょう。( ̄▽ ̄;)
んでもJリーグ,.WEリーグが好きな人には、
それなりに見れる試合だったかもです♪
起用法でガッカリな面もありましたが…(;^_^A
by 猫毬 (2022-07-28 00:48) 

トモミ

病院で読んだスポーツ紙上でセルジオ某氏が「全く得るモノのない大会だった」と切って捨ててました。あ、モチロン男子の話です(笑)…

by トモミ (2022-07-28 14:09) 

猫毬

セルジオおじさんのいう事ですから…(;^_^A
もしかしたら協会の誰か権力のある人が、コレを機に、
代表2チーム構想を実現してくれるかもしれないし…
※猫毬が推奨する国内組と欧州組の日本代表Wスタンダード構想(o'∀')b
この方が…選手にとっても、渡欧する目的が明確になるし、
現状のアジア予選も開催地によっていづれかの代表が選べる。
良いこと尽くしです(^^♪
by 猫毬 (2022-07-28 15:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。