SSブログ

Jリーグ 2020シーズン 日程終了 お疲れさま(。・д・。)ノ [毬]

2020J1ロゴ.jpg

2020Jリーグ日程がすべて終了しました。

J1優勝は川崎フロンターレ。

以下順位は下記の通り。

2位、ガンバ大阪
----2位までが天皇杯準決勝出場。
3位、名古屋グランパス
----3位までが来季ACL出場。
4位、セレッソ大阪
5位、鹿島アントラーズ
6位、FC東京
7位、柏レイソル
8位、サンフレッチェ広島
9位、横浜Fマリノス
10位、浦和レッズ
11位、大分トリニータ
12位、コンサドーレ札幌
13位、サガン鳥栖
14位、ヴィッセル神戸
15位、横浜FC
16位、清水エスパルス
17位、ベガルタ仙台
18位、湘南ベルマーレ

各クラブの皆様、各クラブサポーターの皆様。
およびJリーグ運営の皆様。

お疲れさまでした∑d(゚д゚*)

今年はCOVID-19の影響を受け、
開幕~再開、過密日程、ACLと代表日程の変動。
クラスター、選手の問題行動、
また(VAR導入を遅らせたから?)誤審判定、などなど、
様々な問題点が浮き彫りになっていく中での開催でしたが、

2020シーズンは各カテゴリの降格が無い。
という部分もあり、序盤から各クラブの方針が如実に出ました。
降格はないけれど昇格はある。
コレはつまり、J1以外にはチャンスしかないシーズン(^^♪
そして…(-_-;)。J1クラブにはヌルいシーズン( ;´д`)。。
んまぁまぁまぁ(;^_^A。。各クラブ見ていきましょう。

優勝。川崎フロンターレ♪
おみごとです^^。おそらくは、コロナが無くても優勝争いでした。
3枚の中盤をうまく運用して見事な戦術をシーズン通して展開しました。
…鬼木監督の能力を疑うわけではありませんが(;^ω^)
この緻密な戦術の考案は、おそらく戦術アナリストの手腕でしょう
( *'w')b。。
(もちろんアナリストの企画通りにに実践した鬼木の手腕もさすがw)
んまぁ、当然、戦術アナリストの名前は出てこないでしょうけれどww
★ポジションを上げた側のサイドバックと、
中盤、もしくはウィングの2枚とで、3角形を作るシステムは、
相手の攻撃の鈍化に効能があり、
尚且つ、前線からのプレスに連動しています。
まさに、「攻撃は守備から」の言葉通りですねぇ(o'∀')b
シーズン中盤の小林の負傷、シーズン後半の谷口の負傷により、
一時、システムに綻びが出ましたが、
メンバー厚さで巧く対応できていました。
優勝おめでとうです♪
※来シーズンは罰ゲ…いやwACLがあるので、
そう簡単には行かないでしょうけれども(笑)

2位、ガンバ大阪。
さすらいの話師さま。ごめんなさい(;^ω^)
猫毬の予想では、G大阪、7~8位でした(笑)(笑)(笑)
やるなぁツネさん(笑)
戦力的に運用が厳しくなることが予測されたガンバでしたが、
対戦相手ごとに戦術を柔軟に調整していくスタイルが、
コロナ禍シーズンに適応していたかもしれません。
結果的に、勝てる相手からしっかり勝ち、
自分たちの強みを見せれるポイントを逃さず勝つ。
負ける時ぁそらぁしゃあないわ~という割り切りが功を奏しました。
勝ち点65。は通年であれば優勝争いのライン。
※例年の優勝ラインは68程度。
若い戦力も徐々に出てきましたので、
来シーズンの躍進に期待しておりますが、、、
今の戦力でACLは厳しそうですよねぇ(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)…
おーい。フロントさ~んwキツかろうけれど、補強頼むで~w
※U-23とトップチームの融合をどうするかは課題かもですね( *'w')b

3位、名古屋グランパス。
こちらも予想外の活躍でした。
ってか、猫毬のリサーチ不足ね(;^ω^)
デッカチャン……じゃなかった。フィッカデンティ監督の戦術と、
GKランゲラック、右サイドのマテウス。
金崎の活躍もありましたし、、何より、
丸山、中谷、米本のディフェンスバランスが素晴らしかったです。
失点28点はJ1最少失点。
ランゲラックがオーストラリア代表GKって事を考えると、、
少しW杯アジア予選のこと考えるとゲンナリしますけどね(笑)
来シーズンはACL。はてさて、昨今のACLクラブの
攻撃サッカー主流の中、どう対応するか楽しみです♪

4位、セレッソ大阪。
ふむ。ロティーナ監督が作り上げたシステムは、
開幕前から話題でしたね、。無論。猫毬も上位を予想していました。
このチームに先に失点してしまうと、、まぁああああああ( ;'д`)
やっかいなのですなぁ(;^ω^)
…どのような事情か分かりませんが、そのロティーナが、
シーズン後半に退任を発表。
そこから、少しだけ勢いがなくなった気がします。
…んぁまぁ無理もないか。。。
ガンバに引き続き大阪の2クラブが躍進ですねぇ^^。
大坂のサッカー熱に期待したいです♬
※わかってんな?興国。金光大阪。東海大仰星。ww
ロティーナ。。清水に就任な~んて記事もありますが(;^_^A
何があったんでしょうねぇ|゚д゚) ;;
事情は分かりませんが、どうか御壮健でいてくださいね(^^♪
※それにしても…来季の監督が今更、、
クルピってのは安直過ぎないかなぁ(-_-;)
まぁ…モリシ(球団代表森島)…頭良くないしな……。。

5位、鹿島アントラーズ。
ただでさえ世代交代に取り掛かっていた鹿島ですが、
今シーズンは、ソレを促進するには絶好の機会(o'∀')b
…だったんですがw肝心のザーゴ監督の意図に…
一貫性が無い(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)
んが、やはり、さすがというかなんというかw
最終順位は上位。そして、一部の若手も育ちました。
上田はもちろん。染野、荒木といったルーキー組。
(どしたぁ松村ぁw関川ぁw町田ぁw)
三竿、土居や犬飼もそこそこ(;^ω^)、
ファン・アラーノもフィットしてきているように見えます。
結果的にはエヴェラウドが点取ると勝つ。
そんなチームになっちゃいましたがw
個人的には、白崎、、使わないなら清水に返してやれ…w
とは思います(;^ω^)。(浦和でも待ってるよ~w)

6位、FC東京。
ふむ。がっかりしたチームの一つです。
このチームもACLへの野望があったはず。
んがしかし、橋本、室屋の海外移籍で大幅に戦力ダウン。
ACLへの展望は暗くなり。。。
後釜となった若手選手は頑張ってはいるものの、
シーズン後半、
所属ブラジル人選手の試合中の悪質な暴力行為があり、
クラブの評価が圧倒的に下がりました。
また、暴力行為のブラジル人を、
出場停止明けにいきなりスタメン起用した
長谷川健太監督にもガッカリです。
そういったサッカーに対する真摯な向き合い方に関しては、
かなり厳格な監督と思っていただけに、まぁぁガッカリです。
間違ってもJFAの理事とかにならないでほしいです。うむ。
※猫毬は思うのです。こんなクラブに6位とらせていいのか?
他のクラブ!ガッツみせてくれや~(Pд`q。)

7位、柏レイソル。
あい(^^♪きましたね~オルンガw
7位ってのは猫毬の予想の範疇でした(o'∀')b
シーズン序盤でのクリスティアーノ離脱は痛かったですね。
とはいえ、オルンガ、呉屋、江坂、ヒシャルジソン。
ディフェンスもU-23(u-24)古賀に大南。
GK控えには中村航輔も(^^♪
猫毬は地元が近いのですが、、
フロントの方針が嫌いでw応援はしていないのですが(笑)
昇格年に頑張りましたね~^^・・・
オルンガは28得点で得点王。
来年は3位以内を目指しましょうね~(o'∀')b
※オルンガが移籍しなければ…ですけどね…(;^_^A

8位、サンフレッチェ広島。
うぃ(;^_^A。少し想定外に順位が低かったクラブ。
試合中、城福監督のダミ声が、
観客の声がしないスタジアムに響きわたって少し不快でした(笑)
戦力的には、豊富な戦力を、戦術が生かし切れていない感。
アタッカーは、レアンドロペレイラに依存しすぎ。
同じレアンドロでも川崎のレアンドロ」ダミアンとは
怖さのレベルが違います。
広島のレアンドロはw森島がお膳立てしなければ怖くないw
ボランチは監督の好みなのか、川辺を軸に、
松本泰志はベンチにも入れず、レンタルに出されました(笑)
※失敗だったと思うけどね…(-_-;)
松本泰志は移籍先のアビスパ福岡で、
移籍してから25試合に出場し、19勝。
J2で勝ち点並んでの2位でJ1昇格の立役者になりました(^^♪
あと、いいかげん、GKはベテランに忖度しないで、
大迫敬の一択ではなかろうかと思うでよ?城福?ひよったか?w
若手代表クラスでは、左利きの東俊希が
年末のトレーニングキャンプにU-19として招集されました。

9位、横浜Fマリノス。
結果的には、最もがっかりしたクラブ。と、ともに。
最もCOVID-19の影響を受けたクラブと言って良いでしょう。
ACLに備えて、開幕前から敢えての過剰補強。
順当に計画が進んでいれば、リーグ、カップ、ACL。
いづれも優勝候補だったでしょう。
んがしかし(ノД`)現実は、甘くないですねぇ…。。。
マリノスは過剰なほどに控えが熱いという印象ですが、
替えの効かない選手が数人います。仲川とか、松原とか、、
畠中、チアゴ・マルティンスもか…
シーズン中に、ある程度チーム内戦力のバランスを
整えながら戦えたのはさすがです(o'∀')b
苦しい事情の中、遠藤渓太のドイツ移籍を快く送り出したのも立派♪
前田を加入させたのも大きかったです。
それだけになぁ…。リーグの成績はまぁともかく、、
ACL水原三星(スウォンサムスン)戦の敗戦は痛恨でした( ;´Д`)。
来シーズンも引き続き優勝候補と思われます。
す~さん。あんまり良い評価で無くってゴメンよぅm(__)m。

10位、浦和レッズ。
(# ゚Д゚)(# ゚Д゚)(# ゚Д゚)(# ゚Д゚)(# ゚Д゚)(# ゚Д゚)
どのツラ下げてこの順位だコラwww
こちら、ホームゲームでシーズンを終えた埼スタに掲げられた横断幕。

IMG_1752.JPG

まぁ、これ以外にも、とてもお見せできない文字もありました(笑)
いわずもがな、。
ダイレクターは退任。大槻監督も今シーズンで退任。
ん?+???代表の立花は辞めないのか…(;^_^A
ああ。そうか。。浦和レッズは、レディースは優勝か(笑)(笑)
楢本ちゃんが加入してくれたしのぅ(*^ω^*)
コレからは、浦和といったらレディースの事だ。
そうだ。そう思う事にしよう(o'∀')b
※今シーズン割と頑張ってくれた
エヴェルトン、マルティノスの退団が決定しています(;´Д`)。。
ごめんなぁ…日本を嫌わないでくれなぁ…(´;ω;`)。。
そして、興梠が来シーズン開幕絶望の怪我( ;'д`)。。
監督候補はJ1に昇格した徳島の監督を引っこ抜く?
そんでもって、神戸の西を引っこ抜く?そういうのを補強とは言わないのだよ(゚Д゚)。。
なんか。。。勘違いしている(。-`ω´-)。間違いなくズれている((。-`ω´-)。。。
正直、、もう推したくなくなってくる(´pωq`)。。グスン・。

11位、大分トリニータ。
しかし、まぁ。なんだ。。このクラブは。
毎度毎度、よく戦いますよねぇ(;^ω^)おみごとです。
目だった外人も居ない。輝く新人もいない。(ごめん岩田w)。
少し活躍すればシーズン終了後に売られていきます(笑)
今現存しているメンバーも猫毬は把握できていない。
それなのに、気が付くと、
「あ、あいつ今、大分に居るんだぁ…」てな感じで。
んまぁ上手に勝ち星を拾い、無駄な負けを積み重ねない。
コンセプトとして、走るサッカーってのはあるものの、
その時々で戦い方は替えてきます。
凄いのは、、監督、選手が代わっても、ソレがブレない事です。
もしかしたら、、ですが、、現状、日本で1番ブレないJ1クラブ。
かもしれませン(;^ω^)

12位、コンサドーレ札幌。
このクラブが、猫毬が思う。
今シーズン、謎に低迷したクラブ。ナンバー1です。(;^_^A
戦術、選手、常時高いインテンシティ、監督、球団の方針。
なに一つとっても、特段悪いところが無い。
猫毬が札幌市民なら、一も二も無く応援しています。
システムは3-4-2-1ですが、札幌の場合、、
3-6-1って言い方の方がしっくりきます。
1トップの動きは特徴的で、ポストプレーの場合、
FWはポスト後サイドに切れて中のエリアを空けます。
そこにフィニッシャーが飛び込む陣形ですね。
よって、武蔵の移籍はデカかったのは理解できますが、、
どうも、今シーズンはボランチやセンターバック位置などからの
ロングパスによる縦攻撃が多かったように思えます。
シンプルで解り易い攻撃なので、
対戦相手も守り易かったのかもしれません。
札幌は、ペトロヴィッチがキャリアのラストと決めたクラブ。
来シーズンには、今ひとつ面白いサッカーで上位を目指してほしい♪

13位、サガン鳥栖。
ほい♪集団クラスターでシーズン中盤にダメージを食らいましたね。
それ以外もこのクラブは問題はたくさんありますがw
特徴?のラフなプレッシングで相手チームに嫌がられる。
そういう印象を持っています。
せめて、クラブ指導者にはそういう部分も含めた人格者を
用意して欲しいかなっとは思うです(^ω^)
勝てば何しても良い。とか、
コロナ禍でもJ運営から言われたことをやっていれば問題はない。。
とか、、、いやいやwそういう考えだからこそ、、
順位が伸び悩むですよ?w
猫毬が思うに。このままのクラブ方針なら、
万年残留争いは避けられないでしょう。

14位、ヴィッセル神戸。
横浜FMに続き、猫毬がガッカリしたクラブ。
横浜同様に、ACLに向けて過剰補強をしましたが、
そもそもが超攻撃的なシステム。
DFのフェルマーレンに負荷がかかりすぎて、
彼の特徴である攻撃参加が難しいというジレンマを解消できないまま、
フィンケが謎の退任。。( ;'д`)ウーン何があったのだろうか(-_-;)
とはいえ、暫定監督の三浦が率いて、ACLではベスト4進出。
謎の判定で涙をのんだが、来期以降、どういうカタチで臨むのか。。
監督が三浦のままでは何も進展はないだろう。
MK谷さんが、また何か金満策に出るのかなぁ…。。
そういえば、神戸は、クラブの商的な動きとしては、
コロナ禍では面白い試みをいくつか展開しましたね。
※10万円のプラチナチケットや、選手のリモート中継など、
固定ファンが多いからこその動きですが、
Jリーグは企業型リーグではないので、
できれば地元にお金を落としてあげて下さいね~(;^ω^)

15位、横浜FC。
頑張りましたねぇ~♪斉藤光毅という光も生まれました^^
んがしかし(;^ω^)、、
無論、この順位は例年であれば残留争いの真っただ中ですw
来季、残留争いに巻き込まれないためにも、。
何か抜本的な策が必要でしょう。
三ッ沢っちゅー聖地があるわけですから、
なんとかJ1にしがみついてほしい所ですね( *'w')b

16位、清水エスパルス。
こっから下の順位は、今シーズンの出来に関して、
何か語る事は無いです( ;'д`)。
清水に関してはロティーナ就任の噂はありますが、
さすがに、ここまで低迷しているクラブが、
いきなり変革するってのは難しい。
フロントごと、運営面で新しい展開が必要でしょう。
最近の清水の定番策の、誰か得点屋さんを呼んで、
何とか残留する。、。
な~んていつまでもやってられる策ではないと思うですがねぇ(;^ω^)

17位、ベガルタ仙台。
うーん( ;'д`)。ここも清水に似ているかも。。
一人や二人のヒーロー選手を擁立しても、
サッカーではリーグの順位には影響しない。
西村は良い選手ですが、、
このままだと、他クラブに引き抜かれておしまいです(;^ω^)
仙台って良質な育成があったと思うんですが、、
若い選手を早めに売り過ぎなのでは??
すこし大きめのスポンサーを見つけて、(難しいでしょうけれど…)
次世代の若手クラブを目指しては如何でしょうか?^^

18位、湘南ベルマーレ。
うみゅ。例年なら降格です(;^_^A
んが、下位クラブからは得てして良い選手が生まれたりします。
杉岡を鹿島に売ったのは良いとして。。
その資金でしっかり補強できなきゃダメですよぅ(;^ω^)
来期は降格4チームです。しっかり準備して挑みましょうね( *'w')b

ふぅ。。こんなとこですかね。。

しっかり観戦視聴数が確保できなかった割には、
まぁまぁ把握できたシーズンでした(o'∀')b

コロナ禍という事もあり、エキシビジョンシーズン?て感じでしたが、
Jリーグ運営のキビキビした対応にも助けられ、
何とか日程クリアとなりましたね。
本来なら大会開催さえ危ぶまれていましたから、
運営サイドとしては上々の出来でしょう。
村井さんはじめJリーグ運営のみなさま。お疲れさまでした。
来季の準備へ向けて、また大変でしょうけれども、
VAR開始も含めてふぁいお~です( *'w')b


でわでは~(=^・・^=)


尚、J2徳島、福岡。J3秋田、相模原が、
それぞれ昇格を決めています。
J2は徳島、福岡が最終節首位決戦でしたが…
得失点差が離れすぎていましたぇ(笑)
J3は秋田が開幕無敗記録を更新しての優勝でした。
皆さま、おつかれ、おめでとう(^^♪

来シーズンはJ1は20クラブ運用。4チーム降格となります。
J2、J3に関しては通例通りとなりますが、
残留プレーオフに関しては未定です。(一応ね(;'∀'))

nice!(101)  コメント(6) 

nice! 101

コメント 6

さすらいの話師

>猫毬の予想では、G大阪、7~8位でした
私も、同じでセレッソより下に思ってました。ただ、原因はコロナだったと思います。ココで若手主体に早めに切り替えたのと守備陣の能力が高くベースが作り易かったからだと思ってます。

驚きはヤッパリの鹿島なんですよね?あの踏み止まる感じがイヤラシイです。

大分は楽勝に見えて実は嫌なチーム。レッズも嫌なチーム。
名古屋は金崎が嫌だし。マリノスは何故か勝てる気がしない。
あと、J1から降格してくれた新潟も何故か勝てないチーム。
福岡と徳島は勝手に仲が良いと思ってるチームなんで良かったかと。

色々、想いはあるんです。(遠藤選手とか…)
でもJリーグ開催出来てホッとしてます。
別に私が関わってるワケじゃないけど、ソレが一番です。
by さすらいの話師 (2020-12-22 09:36) 

猫毬

(*´-∀-)ホッ-3
原因は新コロってのは、そう思うです( *'w')b、んがしかし、おそらくツネさんは、ソレ込みの戦い方をしたです。若手への切り替えは、いつでも苦しい思いはあるですな(ノД`)。。ヤットさんは、どうやら行った先でも元気にはしているようなので^^とりま良いかと♪♪
鹿島は終盤に選手たちが自分で修正できたのが大きいです♪
大分はですねぇ…(;^_^A言い難いのですがw勝ちに行く試合を何試合かごとにスカウティングして決めているです(;^ω^)嫌な相手ですねぇ(笑)んでも立派です。浦和は、、wなんかガンバ戦になるとインテンシティが高いのです(笑)(笑)ゴメンニャ…名古屋は金崎を生かす事が出来たのは大きいですね。結果的に新コロの陽性反応明けの選手が好調だった。という。少し複雑な心境です(;^ω^)ランゲラックも好調でしたしね^^。横浜FMは…浦和も同様です(;^_^A相性が悪いことこの上ないです。んでもまぁ、、
結局はやはり、よく開催できたなぁってのが本音です。
J運営も苦しい判断をしていた時もありましたが、、
総評としては、よく頑張ってくれた。と思うです( *'w')b
by 猫毬 (2020-12-22 11:45) 

newton

レッズはどこへ行く?!もう、どこへ行っても良いけど・・・。

by newton (2020-12-22 15:19) 

猫毬

ホンマですねぇ(。-`ω´-)ンー…
何がやりたいんだか良く解らないサッカーばかり…
そらー移籍者も相次ぎますし、サポ離れも多くなりますよね。
by 猫毬 (2020-12-22 22:43) 

溺愛猫的女人

17位でしたか(´Д⊂ヽ 野球の応援で手いっぱいでサッカーは見ていないのですが、どうか魅力あるチームに生まれ変わって欲しいな。
by 溺愛猫的女人 (2020-12-22 23:18) 

猫毬

うぃ( *'w')b
ベガルタ仙台ですね?^^
仙台は地域として、かつては若手育成などには積極的な地域でした。
かつては若手のブラジル代表なんかとも交流してたんですよ~♪
ベガルタは名選手も輩出しているクラブですので、
頑張ってほしいですね(^^♪
by 猫毬 (2020-12-23 09:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。