SSブログ

アマビエ創作中の自作の妄想話(^^♪ [のんびりびりー]

そうそう。。
めずらしく。。猫毬ブログ、画無しですw

以前、描いた「アマビエ」を描くに当たっての、
自分で書いた妄想設定昔話。。
妄想で絵を描くために。妄想昔話を創作妄想する。。(;^_^A(;^_^A(;^_^A。。。

こんなんですw、、(ホントはもっと雑(;^_^A)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
むかしむかし
西のくにに、山と海に挟まれた小さな村がありました。
其処に住む村人は、山の幸と海の幸よって、
それなりに幸せに暮らしていました。

小さな村と言っても、そこには二通りの民が居て、
一方は山の民、もう一方は海の民、
山の民は山の麓に暮らし、
海の民は海辺で暮らし、双方はお互いに仲が悪いものの、
少しばかりの取引をしながら村の均衡は保たれていました。

山の民は、木で作った筏(いかだ)や櫂(かい)、
また銛の持ち手になる木の棒などを海の民へ、

海の民は、その道具を使って獲った魚などを山の民へ、

それぞれが、持ちつ持たれつ暮らしておりました。


山の民には「やま彦」と呼ばれるモノが何人か居ました。
やま彦は、一般的な山の民と違い、
山中に住み、滅多な事では里に下りてこない民で、
山の民の中でも、また、麓で畑を耕す民(里のもの)など、
色々な人たちが助け合いながら生きています。

やま彦たちは、時折、里に下りて来ては、
山の幸や、時折獲れる獣の肉と、
農作物と藁で作った網などを交換し、
その網などを使ってまた山中で暮らすのです。

ところで、やま彦たちには「名」がありません。
裏山のやま彦。とか、鞍のやま彦。など、
山の名前で呼ばれていて、
その中でも、ひと際大きい山に住む、
「雁のやま彦」は、
海の民にも名前が知れるほどの健脚の持ち主で、
やま彦で在りながら、海まで出てきて魚獲りもするのです。

海まで出て来るやま彦など一人しか居なかったので、
海の民は、「やま彦」といえば、
「雁のやま彦」の事しか知りませんでした。

續~
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

(*ノ∀`*)フフ♪モウソウモウソウ(^^♪

nice!(101)  コメント(11) 
共通テーマ:

nice! 101

コメント 11

ゆうのすけ

なんだかとてもいい気分を感じます~ぅ。^^
ゆっくりとした時の流れを求めているのかな?
雨がひさしに当たって ぽたぽたする音が聞こえてくるんだけれど
子供の頃の梅雨時期に 外に出られなくて傘を持って出るのだけれど
水たまりを訳もなく見つめて 時の経つのを待っていた時を思い出しました。そんな退屈な日に 誰が話したのか覚えてないけれど 想像を働かせるこんな話を聞いたような心地よさを感じたわけなんですね。どんな展開か楽しみですね。(^^のんびりびり~!)
私は結構 妄想族だったりするのかも。80年代だったかスキゾとパラノが話題になったことが。私はパラノ系が強いんですがスキゾ系もないわけじゃないんですね。(脱線!^^;パラノ嫌~!/意味はないんです。♪)
by ゆうのすけ (2020-06-02 01:58) 

ニッキー

妄想、必要ですよねぇ( ^ω^ )
私もよく色々妄想しますw
by ニッキー (2020-06-02 07:18) 

kou

妄想物語は小学生の頃から頭の中をグルグル回っていました。でも、とても文章に表す物ではありませんけど(^_^;)
でも、妄想は楽しいですよね(^^)
by kou (2020-06-02 07:57) 

猫毬

!!!!!!!!!!!!!

通知設定が消えてる!!!!!!!!

しかも、、戻せない。。。><

と、、いう事で、、過去記事へのお返事が出来なかったり、
現記事へのお返事も、遅れます。。

( ;'д`)コレガ。。シーサー移譲の影響か……?

微妙に、、デザインも変わってるし…;;
by 猫毬 (2020-06-02 08:11) 

猫毬

おはようにゃあ…。ぬーん。。
あとで寝よう。。また(;^_^Awww


良い印象で良かったです♪
昔話妄想とはいえ、山や土地などは、
少しだけリアルなモノに寄せてあります♪
あ、、あと、物語は、、完結しませんwww
なんなら、。第一話で大抵、おしまいです♪
そこから妄想絵がでます♪
このお話は、たまたま昔話ですが、、、
現実の社会や世界が妄想対象の場合もあるし、、
とても、いえないものwなどもあります♪にゃははw
猫毬は、、パラではないかなぁw


妄想はダイジ(^^♪
んが、妄想管理も大事ww^^


小学生時代の妄想。。全部、思い出せたら良いなぁ…
(^^♪
by 猫毬 (2020-06-02 08:17) 

さすらいの話師

ある日、やま彦は「海の向こう」が気になって…「海の民」の太郎さんに"海の向こう"に訊ねてみました。「海の向こう」など考えてもみなかった太郎さんは「分からない」と答えたのですが。あくるあさ、太郎さんが浜辺を歩いてると童たちがウミガメをイジめていたので亀を助けてやりました。その亀の名が…「やま彦」…。
by さすらいの話師 (2020-06-02 08:57) 

猫毬

おお。。妄想がスピンオフした……w
浦島……ww
うみゅ。。wうむ。ソレだと妄想がカメになっちゃうw
あと、やはり通知設定が機能しないな…。。ぬーん。。
by 猫毬 (2020-06-02 09:22) 

あ

てすと
by あ (2020-06-02 16:21) 

てすと

てすと
by てすと (2020-06-02 17:29) 

d

fd
by d (2020-06-02 17:55) 

猫毬

ビェ──・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!
スマホにコメント通知が来ないよぅ><
by 猫毬 (2020-06-02 18:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。