SSブログ

本田圭佑が話題にされている真の理由(異論はいくらでも受け付けるw) [毬]

本田圭佑が話題にされている真の理由

b5bd7db6-5b54-400f-8ad3-9e7435513654.jpeg

さて、、と、、

この記事、、乗り気はしないけれど(;^_^A

猫毬はですね、、サッカーに関わる事を、
ヲタっぽくハマりたい人にはそれなりに自説を緩く展開し、
ソレ以外の人には、サッカー界をあまりよく知らない人にも
解りやすく説明し、楽しんでいただきたいなぁ…
なーんて思いでサッカーネタを書いていたりします^^;

そんでですねw
そんなネタの中にも、とっても「キナ臭く」
面白くないネタもあるのですw

つまんねーぞ?今日のネタwww

さていきます。・

ようし( ̄ー+ ̄) ぶっちゃけてしまおうww

「本田圭佑って、未だに何でそんなにニュースになってるん?」

と、感じている人。多いのではないでしょうか^^

今回は、
あくまでも本田圭佑選手の能力や思想を批判することなく。
なんで、そんなに話題になっているの?って理由を、
、、相も変わらず、妄想ベースで、
この件に関わるキーワードだけ出していきたいと思います。


興味の無い人は、「あ、猫毬記事、今日はずれだわ」
と思ってパスしてください(笑)


まず。本田が日本代表引退後に、、
「東京オリンピックに出たい」って意思を表明していることも含め、
なんで、彼の方向性が少しこう、、変人ぽいのかww。。

こいつは、、ロシアW後に、ってか、
本田の思いは今も昔も大して変わっていないです^^
良くも悪くもサッカーバカですのでね^^

「日本サッカー(及びアジアサッカー)を強くする、広める、
子供たちの視野を広げたい、本気で世界一になりたい」

こんな感じでしょう^^

んで、、彼ほどの知名度があると、
「その思いをどうにかしていく」
って人たちがウヨウヨ集まります^^
そうして紆余曲折で出来上がった会社が、
「NowDo株式会社」という会社です♬。

そのこと自体は悪くは無いのです♪
本田を担ぎ上げて、って面もあるでしょうけれど、
彼の思いが具体的に少しでも実現に近づくのであれば、
双方WINですから^^

ただし、この流れには、本田の、JFAに対する不信感。
てのが色濃く反映されています。

ここで、少し、本田とNowDo株式会社を少しおいておいて^^


読んでる皆さん^^

JSPOって知ってます?

改称を重ねて2018年にこの呼び方になっております。
元々は、「大日本体育協会」。。
そうそう低視聴率の大河「いだてん」を見ていた人にはお馴染み。
嘉納治五郎が創設した、通称「体協」です^^

2018年に改称しJSPO「日本スポーツ協会」
Japan Sport Association
です。「ジャスポ」って呼んでいいのだろうか?w
……いえ、総合デパート施設のアレじゃないです(笑)
それジャスコな?(# ^ω^)

んでですね、2018年6月に改称し、、
2年後に控えたオリンピックに備える動きって事だったと思います。

このJSPOは、もともとは「体協」ですから、
1980年代にJOCから独立したものの、、
国の機関とはそれなりに連携しています。
今でいうところのスポーツ庁ですね。。
治五郎先生は泣いているぞ~(´;ω;`)シクシク

で、このオリンピックに向けての動きとしてのJSPO発足は、
日本サッカー協会「JFA」に、
思わぬ危機を招くことになるのです。

JOCとスポーツ振興会も含めた、泥水泥(ドロミドロ)の
関係が今まだ尚、文字通り泥水面下で起こっているのですw

JFAは、そもそも国の機関とは
距離を置いた協会として動いています。

スポーツと政治は切り離すべきだって理念に従っているわけです。
国の恩恵を受けない代わりに、
国に口出しもさせない。って事ですね^^。

猫毬が良く、このブログで語っている。
「サッカー日本代表は、我々が選んでいるのではない。
だからこそ、応援する以外の選択肢が無い。」
てのは、ここからきています。

JFAの会長選も含めJFAの運営には税金が投入されておりません。
(基本的にはね?w細かい事は言わないでねw)

なので、JFAに何もBETしていない人は、
代表にあーだこーだ言う資格は無いのです。

んが、、JFAが主管するサッカーに少しでも何かしらを
購入したり、サッカー見に行ったり、自身がリーグ所属してたり、
だったりした場合、、大いに文句を言って良いです^^
んが、出来る事なら、気持ちよく^^
「代表試合のサッカー会場に応援に行った人は」
代表にケチつけて良い。。。w
って括りが、良いオトシドコロかな…と、個人的には思います^^

ああ、やばい、また話がそれそうだw

そうそう、JFAが税金を使わずに運営しているって事は、
JFAは独自採算の中で、例えば、
サッカーキッズたちの育成費用などを生み出さねばなりません。
(JSC「スポーツ振興会」は別)

国からの助成金が出ませんから^^

そして、、こっからダイジ。。

スポーツ庁が成長戦力に掲げる
「地域の指導者を主体としたスポーツエコシステム構築推進事業」
(地域スポーツ資源活用モデル形成支援事業)
て、嫌みなくらい解り難い名称の事業がありまして、、

この、事業のモデルケースとして支援団体に選ばれたのが、

本田が代表取締役の「NowDo株式会社」です。
本田と、彼を担ぎ上げているサカバカ達は考えた。。

「高体連とかJFAとか、、そんなレベルの育成では、
本気で世界など狙えない。」

「利用できるのなら国の助成金でもなんでも利用して、
育成の視野と裾野を広げ、
本気で世界を目指せる人材を生み出していこう」

FIFAから連なる各国サッカー協会がここで生み出した原石を、
どのようにするのかは今後の推移次第ですが、

本田圭佑がいちいち話題になるのは、
NowDoのコネなどでインフルエンサー達を動かしているか、
それなりに力が働いている可能性は高いのです。

また本田圭佑自身がインフルエンサーとして、
目立った行動をすること自体が、
NowDoの理念の実現、
また、国のプロジェクトの推進に繋がっている。
(つまりは本田圭佑は生きる広告塔なわけです。)

少なくとも、これに関わっている人たちは、
そう考えていると思われます。


さぁそうなると困ったJFA。。
ただでさえ資金難のJFAは、将来的に
育成の主流が「高体連」や「JSPO」の事業にあるって事になると、
とっても肩身が狭い環境を強いられます。
いや、、すでにそうなりつつあるかもしれない…

各Jユースなどの育成はそれほど効果的ではなく。
各々の選手が選んだ道で優秀な人材が出てきている。
その事実は否めません。

久保建英が有名になりましたが、
若手選手たちのリターニー組(海外修行後のプロ契約する選手)
こいつは今後も拍車がかかるでしょう。

また、ベルギーの1部リーグクラブのSTVVを、
日本のDMMが買収し、若手選手をどんどん送り込んでいる。
何せ、そこから、現代表の主力「冨安健洋」も生まれていますw


んまぁ、。、そんなこんなで、ほんとはもっと泥水ですw
東京オリンピック誘致委員会の不正問題や、
フランス側の捜査と、東南アジアのダミー会社と、
JSPOの発足時期とハリルホジッチの解任と、
その時期の田嶋会長のJFAの強化部長を含めた強権内部人事。
などなどなど、、、


JFA会長の田嶋がほぼ反対無しで会長選挙に再選しましたが、
厳密にいうと、この選挙はFIFAの規定に違反しています。
でも、今この時期に選挙で内紛している余裕は、
JFAには無いのです^^;田嶋の一択しか
選択の余地が無いってのが本音でしょう。

さぁて、
JSPO、スポーツ庁、JOC、JFA、JSC、NowDo(株、
どうなる事やら^^;



(=^・^=)

な?つまんなかったろ?ww
とんでもないやさしさ(82)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

とんでもないやさしさ 82

コメント2

さすらいの話師

>んで、、彼ほどの知名度があると、
>「その思いをどうにかしていく」
>って人たちがウヨウヨ集まります^^

本田選手は好きでも嫌いでも無いのですけど、本田選手を好きな人がイマイチ好きになれないのは…。
サッカー以外の面倒な感じの臭いがするからでしょうか?

>ただでさえ資金難のJFAは、将来的に
>育成の主流が「高体連」や「JSPO」の事業にあるって事になると、
>とっても肩身が狭い環境を強いられます。

Jが面白くなれば良いんですけど、毎週試合を楽しみにする人が少ないのも現実ですしね。それに話題は"カズ"だったりして…。Jだって毎週、負けられない試合してるんですけどネ。









by さすらいの話師 (2020-02-10 08:16) 

猫毬

こんにちにゃあ♪♪♪

>本田選手は好きでも嫌いでも無いのですけど、本田選手を好きな人がイマイチ好きになれないのは…。
サッカー以外の面倒な感じの臭いがするからでしょうか?

はい。そのまんま同意ですwwww
んまぁ本田もメンドくさそうな人っぽいですがw

Jはいずれにせよ、10年は今以上に面白くなくなる。
って事は無いでしょう^^

ただ…サッカーを観る人の興味は、
少し変化してきている気がします。
サッカーに限った話ではないかもですが、
猫毬はこれを「アヴェンジャーズ化」とかw
「ワイスピ化」とか呼んでいますが^^;

仰る通り、派手な事、目立つこと、
や、話題性のある事、また、映える事、
あと……前記事でも触れられたように、、
試合そのものよりは「PK連続失敗」の方が話題になっちゃってきています。試合も、高度なモノより派手な試合が好まれます。

シンプルに言えば「おお。すばらしい!」より、、
「すっげー!!!ひゃっほう!!!」
の、方がウケが良いって事です。

んまぁ猫毬はどちらも否定はしませんが^^;

Jが毎週負けられないのは、代表レベルではありません。
代表は負けちゃっても、最終的にワールドカップで勝てばよろしいですからな(;^_^A、そゆー意味ではJだろうが海外のリーグやカップだろうが、代表よりは「負けられない度」は高いってのは当然です。

んが、、それと同時に「客が好むサッカーをする」ってのも、
クラブチームの宿命です。
客が減ればクラブは存続できませんからね^^
支えているのはいつでもサポーターです♬

それに比べ、、、
代表はぶっちゃけ「ド汚ぇ手を使っても、勝てば良い」w
ファンは減るでしょうが、もともとファンに支えられているわけではありませんからね^^;
そうゆー意味では、サッカー代表の主体がJFAで無く「国」に
なってくると、
代表にも「税金を払ってくれる人の好むサッカー」が
義務付けられちゃいます^^。
この記事で危惧されるって伝えたいのは、その辺ですね。
国の金を使ってサッカー代表を強化するのなら、
それ相応のサッカーが求められます。


んまぁ、できれば、派手さや、話題性だけ追っかける社会には
なって欲しくないなぁ…な~んて感じます^^;

※…でもマスコット総選挙は…なんか…継続して欲しいw

by 猫毬 (2020-02-10 13:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。