SSブログ

U-23アジア選手権での、所謂、誤審問題について。 [毬]

スライディングの角度.jpg

黄色い線の内側の角度から
スライディングでチャージしても、

相手の足に影響を与えずに、
ボールに影響を与えることは、
物理的に、ほぼ不可能です。

よって、後ろからスライディングして
ボールに先に触れたとしても、
大抵の場合はファウルです。

んが、最近のジャッジ傾向で、
相手の足より先にボールに触れさえすれば、
ノーファウルとされる事もあります。

んがしかし、この角度でチャージに行くときには、
ファウルを、ある程度覚悟せねばなりません。



また、これとは関係なく。
ボールを保持している選手とみなされるかどうかで、
ファウル判定は大きく変わります。

基本的には「ボールをコントロールできる状態」
にある選手の事を、ボール保持者とみなされます。



※猫毬、サッカー基礎プチ講習。。。もどき。。(;^ω^)



例の試合で、、、
齊藤未月はシュートモーションに入っている選手に対して、
ほぼ真後ろからチャージに行き、
結果的に先にボールに触れているものの、
ボール保持者の次行動を危険行為で阻害した。
と、判断されても、さほど不自然なジャッジではありません。

同試合で、、、
田中碧選手はボールを無理に保持しようとして、
相手チームの選手の足を踏んでしまっていますので、
危険プレーと判断されます。
レッドカードに値するかどうかは審判の判断によります。

ただし、このシンガポール人の審判は、
所謂「マジシャン」です(;^ω^)猫毬はそう呼んでいますw
※マジシャン=トランプのようにカードを乱発する審判の意。

また同審判は、ここ数年でも多くのPK判定をしています。
監督コーチ陣の念頭に、データが残っていれば、
選手達に試合序盤に指示が出せたと思われます。
これは、コーチ陣が試合中にする重大な要素といえるでしょう。

また、選手は試合序盤で審判の判定の傾向に
対応する必要があります。
コレはラグビーでも試合の勝敗に関わる
重大なチームスキルでしたね^^


もうひとつ、

同大会における全試合で、VAR室の審判団の
名前と国籍が発表されない事への不信感は否めないでしょう。

第3試合においては、
パッと見ですが、東アジア系の審判が
VAR室に居るのは確認できましたが、
その人物の国籍次第では、「なるほどね…」、と、
思っちゃうかもしれません(-_-;)…


ジャッジに文句を言っている人たちは、
当然、上記程度の事は調べた上で言っている。
。。と、信じたいところです(;^_^A



猫毬主観ですが、上記を踏まえた上で、
ジャッジングの不安定性は否めません。

んが、2つの重大な判定に対しては、
スキルで避けられたプレーと判断します。
おそらく、選手本人たちは今となっては文句を言わんでしょう。

田中碧は、ボールを保持しに行かずに、
目の前の杉岡にワンタッチで捌けば良かっただけ、

齊藤未月は、無理な「真後ろチャージ」に行かなくても、
シュートモーションに入られた段階で手遅れでした。
ちなみに、このシュートに対しては、
シュートブロック体制に入っている選手も居ましたし、
GKもニアサイドに反応しています。
恐らく…としか言えませんが、
後ろからスライディングしなくても、
シュートが決まった可能性は低いでしょう。


ジャッジングで不公平な事が、多く取り上げられていますが、
笛が不公平なのは、今に始まった事ではありません。
仮に、公平で安定なジャッジングだったとしても、
猫毬は、この試合の日本代表には失望していたでしょう。

…(´-ε-`)ボソッ…
そもそも…サッカーに関係なく、この世は不公平なものです。
んが、ソレにどう対応するかは選択できます。
絶えずベターな選択が出来れば良いけれど、
…なかなかそうもいきませんよね(;^ω^)…

今回は、んまぁなかなか乗り気になれない記事でしたが…
熱いうちに書いておかねばなぁ…と思った次第です。

お付き合いいただいた方、感謝です♬
ではまたです^^/
すごいやさしさ(81)  コメント(6) 

すごいやさしさ 81

コメント 6

さすらいの話師

>仮に、公平で安定なジャッジングだったとしても、
>猫毬は、この試合の日本代表には失望していたでしょう。

ファールがヘタなんですよね?そうなる前に未然に防ぐ…もしくは潰す防ぎ方が。ファールしちゃダメなルールでもあるのか?って感じで…。あと田中碧選手が退場になってから、普通の4バックに近い形になったのが残念で。最初から、しとけばと思うのですが。
by さすらいの話師 (2020-01-18 08:21) 

猫毬

寒い~|ω・`))))ブルブル

うみゅ、ファウルをするのも、されるのも下手ですな。
良くも悪くも温室育ちが増えたって事です^^;
4バックに近い形になった。、、のは何故だったんだろうw
まさかこの期に及んで4バックが守備的だとでも思ったのかな(笑)
3バックで守れないものは4バックじゃ更に守れませんしねぇ。
交代で入れる選手も、齊藤じゃなくて松本だったろうに……。
一人減ったのだから、二人分くらい走れる選手の投入は必然。
結果論かもですが、、最もパニックだったのがコーチ陣てのは、
なんとも情けない話です><
by 猫毬 (2020-01-18 08:55) 

Boss365

こんにちは。
仰る通りです。あり得る事ばかり。悲しいかな、分析と対処が出来ていない。
逃亡犯ゴーン被告も「日本人は迅速でない」と言っていました。
一番感じたのは、意思疎通が出来ていないチーム。
半年前で良かったのかも・・・
W杯・予選では毎度似た風景見ています!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2020-01-18 11:52) 

猫毬

こんにちにゃ♬

昨年から、毎度毎度似たような退屈な試合。。
結果も似たような、パッとしない結果。
協会に責任の一端があるにしても、
ソコを何とかするのが監督でしょうに…(ヽ´ω`)フゥ-

サッカーどうでもいいや。って人が増えるのも無理はないです。
昨年のラグビー日本代表のワクワク感は凄まじかったしなぁ。
「おお!今回はそういう感じか!」って毎度感心しました。

ゴーン氏の、、ああ、猫毬、日本人だけど…m(__)m
猫毬はゴーン氏の罪は、しっかり罪wだとは思いますが。
日本の公共機関の古い体質は非難に値すると思います。
猫毬自身も日本の司法や警察には絶望していますしね。。

森保。。解任論出ているなぁww
まぁアレだけ手を打つのが遅い監督も珍しいですからね。
しかも後手を踏んだうえに、悪手ですからねぇ(笑)
思うに、代表監督には向いていないと思います(;^_^A
by 猫毬 (2020-01-18 12:50) 

さすらいの話師

森監督ってサンフレッチェのときは、もっと策士な(まともな)感じがしたんですけど。最近はワザと負ける様に仕向けてる様にしか見えず…。ハッ!?VAR室の国籍とリンクしてる…!?
まぁ、単純に思う様に選手を招集できてないのでしょうけど。
by さすらいの話師 (2020-01-18 13:49) 

猫毬

^^;クラブの監督と代表の監督では、
縛られる手が右手か左手かって違いがありますのでw…
まぁ、、代表監督は両手両足縛られて勝つのが仕事です(笑)

!!エスパーか!
猫毬が先ほど書きあげた明日の記事…。。
に、一部、召集の自由度の件が書かれています(;^_^A
(会見でその部分ツッコめよ!ってネタですがww)
さすがやなぁ…目の付け所が同じですw

……さっき読んだトルシエのコメント、、。
なんと、的確だ…w 
彼。。代表監督辞めてからの方が成長してる気がする…w
今なら、トルシエに代表任せても意外と面白いのかもなぁ(笑)
な~んてね(;^ω^)

VAR室の国籍…今、そのネタ広げると、
オーストラリア以上の悲劇の炎上に
なりそうなので広げませんが…w(。-`ω´-)
by 猫毬 (2020-01-18 14:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。