SSブログ

キリンチャレンジカップ2019 vsコロンビア代表 プレビュー [毬]

おかえりトルコのおっさん.jpg

本日 19:20KO 日産スタジアム

コロンビア代表は、怪我による離脱メンバーが、
金太郎。。。。。
。。ちゃう^^;。キンテーロ選手。
靱帯断裂らしいのでコパアメリカも無理ぽ。
あの才能が埋もれるのは惜しい;;
是非とも復活を願っています(人д`*)
GKダビド・オスピナ、右SBサンティアゴ・アリアス
も負傷離脱。ベストメンバーが組めない状況となりました。

日本代表も事情は違えど、、、
昨年のワールドカップから
連続の主力メンバー招集のツケがまわり、
難しい招集メンバーとなりました。

離脱メンバーは昨日の記事でお知らせした守田英正。
次に代表復帰するときには
「怪我くせ」をぜひとも治してほしい;;


んでは、まずコロンビア代表から。。
FIFAランキング12位。
ですが、、南米の上位7チームほどは、
強さは大して変わりません。

コロンビア代表の王様♪ハメスロドリゲスは、
相変わらずの長距離移動が苦手な体質^^;
コンディションが悪いと言われています。

んがしかし、ご存じのとおり、日本代表は
昨年のロシアワールドカップの際に、
油断をして不覚を取った相手。

ちなみにコロンビア代表は、日本代表に敗戦した後、
ワールドカップ中に、
ポーランド、セネガル、イングランド、
と対戦して90分では負け無し。
その後国際親善試合で、
ベネズエラ、アルゼンチン、アメリカ、コスタリカ、
相手に、やはり90分で負け無し。
合計7試合で、イングランド、アルゼンチンに引き分け。
それ以外の試合は全勝。

日本代表は現状のコロンビア代表に対して、
最後に土を付けられた相手となります。

戦力は、前述のとおり、
ワールドカップ時の主力。
キンテーロが怪我で離脱。
GKダビド・オスピナ、右SBサンティアゴ・アリアスも怪我で離脱。
そして同じく主力だった、
クアルダード、カルロス・サンチェスが
代表招集されていません。

そう考えると、若手も含めて
本当に「調整」の試合とも考えられます。

しかし、FWハメス・ロドリゲス、ファルカオ。
きっちり招集されています。
また、ダビンソン・サンチェス、ジェリー・ミナ。
ジェイソン・ムリージョなど、主力の半分は残しています。

監督は新監督カルロス・ケイロス
いやいやw前監督ぺケルマンも十分優秀だったろうにww
なんで首にするかなぁw
カルロス・ケイロスはイラン代表監督として、
アジアカップで日本と対戦したばかり。
日本代表の事は研究済み、、んが、、
就任からまだ日が浅く、ベストメンバーを組めない試合ですし、
コロンビア代表を把握済みとは言い難い状況。。。

日本代表相手にどんな作戦で来るか楽しみです。


ほんじゃ日本代表^^。
FIFAランキング27位♪
大迫くん抜きの手薄メンバーです^^
遠藤航、酒井宏樹、原口元気も呼んでいません。
(吉田、槙野、長友は、呼ばなくても
戦力ダウンにならないと、猫毬断定^^;)

話題になっている通り、
毎度フル召集のツケで「お試し招集」
を余儀なくされた森保J。
しかしながら、猫毬的には主力で呼べなかったのは4人だけ。
いつまでもオジサマ達に頼ってばかりもいられないのです。

しかしながら。。。またオジサン達を呼んできたものだ(笑)
香川、乾、宇佐美、山口蛍といった古いメンバーから、
初招集メンバーも含め、
起用方法が試されます。

正直に言っちゃいましょう!

ガチでやっても勝てるかどうか^^;ww
相手はイングランドやアルゼンチンと、
バチバチにやりあえる南米の強豪です。
とはいえ、相手もベストな布陣が組めない状況。

なので、ここは思い切った試合をしてみてほしいですね^^

猫毬が希望するカタチ^^

     鎌田              鎌田

中島 香川  南野 堂安       中島  南野

     富安          柴崎  富安  小林
 
安西 三浦  昌子 室屋   安西  三浦  昌子  室谷

    Sダニエル           Sダニエル

きっと、この形にすれば、
南野に負担はかかるが、ある程度試合になるでしょう。

んでも実際は、、、

      鎌田

 中島   南野   堂安

    柴崎  山口(小林?)

佐々木 昌子  富安  室屋
(安西?)
      東口

だろうなぁ…;;

おそらく多くの人が前の(中島・南野・堂安)に
期待するでしょう、、しかしですね……

このフォーメーションじゃ、どのみち、
ボールが奪えないんですわ( ゚∀゚; )

相手がシュートを外すまでボールを奪えない。
って事は、、フロントにあんまりボールを供給できない。
ご自慢の若手3人にボールが渡らなければ、弾を抜かれた鉄砲です。

アジアカップ時の苦戦と同じことを繰り返すでしょう。

この親善試合2試合で、森保監督には、

最大課題として、

「ボールをどの位置で、どのように奪うのか」

を、不完全な形で良いから見せてほしいですね。
ボールが無ければ攻撃陣が豪華でも意味がないのです。
思えば、森保ジャパン発足当初からの宿題と言っても良い課題。

「ボールが獲れないくせに、
ボール獲ったら、すぐに奪われる病」

これが克服できなきゃ、
大迫が居ても結果は大して変わりません。

あとは、ボランチ不足の解消。
富安がひとつ前のポジションで出来るのならば、
彼一人で攻撃の芽を潰すことはある程度できる気がします。
(…そのように、、期待したい^^;w)
あ、もしかして、、
小林祐希ってボランチ枠で呼んだかな……。
そんならぜひ見てみたいなぁ^^
また、追加招集とはいえ、橋本君?を使ってみてほしい。
せっかく呼んだのだから^^;ね♪

あとは攻撃ですねぇ、。。
いいかげん、柴崎のスルーパス、禁止しよう^^w
無理めなパスを出しすぎます。
もっとサイドを主体に攻めてからの、、
スルーパスなら有効なのになぁ、、。

あと、もうひとつ、。
サイドバックは、、戻ってこれないなら上がらない!!
コレだいじw

まとめますと、、

課題

・ボールをどの位置で、どのように奪うのか。(プレス)
・ボランチ(ディフェンシブハーフ)の脆弱さ対策。
・攻撃時のワイド攻撃。
・攻撃時のビルドアップ方法。
・キラーパスの頻度は低めにする。
・サイドバックは、、戻ってこれないなら上がらない。
☆勝ち負けは拘らない。

ですね^^。

んじゃま、見る方は気楽に見るかー(*^ω^*)

補足;今回の招集メンバー、、ウマヅラが多いな……。

@120
すごいやさしさ(122)  コメント(12) 
共通テーマ:スポーツ

すごいやさしさ 122

コメント 12

zombiekong

真面目に考えながら読んでたのに最後のウマヅラで笑っちゃったじゃないですかぁ。⋯⋯確かにね。
by zombiekong (2019-03-22 01:17) 

猫毬

おはにゃ^^zombiekongさん(笑)
うん、ウマヅラチェックしながら見てみてくださいね^^
by 猫毬 (2019-03-22 01:44) 

さすらいの話師

コロンビアからのボールの奪い処ですか…最終ライン前で奪いたいけど、難しいですね?富安をボランチにすると最終ラインが…。ただ、チャレンジして欲しいトコっすね?
by さすらいの話師 (2019-03-22 09:07) 

Boss365

こんにちは。
「柴崎のスルーパス」禁止は正解!!後半スペースが空いたらOKですが・・・
基本、先発・出場させない方が良いかな?能力を把握出来てる選手です。
富安・三浦・昌子さんのトライアングルでデフェンシブ固めた方が良いと推測。
香川のパス出しも芸術的だからDMNに供給も面白い。
選手には、色々とチャレンジして欲しいですね。チャレンジカップです!!
ウマヅラ!!人参?をぶら下げないと走らない可能性ありです!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-03-22 12:38) 

猫毬

こんにゃー^^
さすらいの話師さん♪
相手がコロンビアに限らず、基本方針ですね^^
正面からのプレスなのか、挟み込んで奪うのか、
囲んでミスパスを出させるのか、、、
現状、なーんもしてませんので^^;
南野や大迫や原口が、自主的にプレスを仕掛けますが、
連動しないと意味ないですからねぇ^^;
富安じゃなくとも良いんですが、
オフェンスにもディフェンスにも△が必要って事です♪
オフェンスならワントップの下にインサイドハーフ2枚の△。
ディフェンスならDFHの下にCB2枚の△。
個人能力でのポジションの集合体ではボールは奪えませんです。
にゃほ^^。

Bossさん♪
柴崎も意図があってのことだとは思うんですがw
(インサイドハーフへのパス供給をしたい)
パスミスが多すぎですw成功すれば派手ですけれどね^^;
能力をディフェンスに対して発揮すべき選手ですね^^
監督が使用し続けるのは、そこを期待してるのかも、、。
香川も、、、いわゆるトップ下、より、誰かと並べないと、
あまり生きてこない選手。また、
自身が空けたスペースを利用するタイプなので、
相手がマークしてくれないと生きない選手です^^。
つまり、自身が有名なら活躍しますが、そうでないなら、、
「放置されちゃう選手」ですねぇ^^。
香川自体が人参になれるかどうかですwwにゃはw
by 猫毬 (2019-03-22 14:57) 

カトリーヌ

離脱メンバーが金太郎ってwww
ちょっとウケちゃいました(* ̄m ̄)ノ彡_☆
トルコのオッサンも好き❤(表現が、ですよ!)
by カトリーヌ (2019-03-22 15:58) 

kiki

ショックなのは宇佐美選手が古いメンバーということ!
私の中では20歳くらいで止まってます(笑)
by kiki (2019-03-22 16:31) 

猫毬

こんにゃ^^w
ソネブロでは ふにゃんきのwサッカーですがw
真面目に書いてますww遊びに来てくれてどもども^^

カトリーヌさん♪
金太郎だけじゃなく、、
外人選手の名前はいろいろなんですよーw
「島尾三郎さん」って人もいましたw
(Simão Sabrosa)(笑)
トルコのおっさんは、、考えてみればウジャウジャいますねw
んでも、今回おっさん、張り切ってるみたいですよw

kikiさん♪
うみゅw時代の流れは早いですw
宇佐美くんはジュニアユースくらいに神童って呼ばれてました。
猫毬的には実力は、その頃と大差ないんですがwww
だいじょぶ、20歳くらいから
能力はあんまり上がってません^^;
by 猫毬 (2019-03-22 16:58) 

ChatBleu

ウマヅラが多い、で吹き出しちゃいました^m^
by ChatBleu (2019-03-22 21:24) 

猫毬

ばんにゃ^^ChatBleuさん♪
うみゅ^^試合終了♬
最後、南野王子も交代しちゃったので、、、
ほぼウマヅラになっちゃいました、、

3/22 晴れ 良馬場 牡馬限定キリンカップop特別
1着ファルカオ 2着 中島 3着 富安
3連単9-8-16 馬連8-9
面白いレースでした^^(笑)(笑)

世界フィギュアも終了♬
ザギトワ素敵でしたねー^^
by 猫毬 (2019-03-22 21:41) 

tommy88

中島が封じられて、打開の手が遅れてしまいました。
もう3分、早く投入していたらと、思うのは結果論。
中島-香川-乾と並んだ時の切り裂き力はすごいなと思いました。
こんな狭いところでも回せるんやと、感心しました。
私の時代は走る日立、縦一本、縦イチでしたから。
負けが確定した瞬間、チャンネルを変えてザギトワを堪能しました。
マサル愛、日本人にならないかなぁ。

by tommy88 (2019-03-23 03:53) 

猫毬

うみゅ^^おはようです^^
tommy88さん♪
長くなるお返事、ご容赦ください(笑)
※暇潰しにでも読んで頂ければ幸いですw

勝利に拘るのであれば、
もう少し打開策はあったかもですね^^結果論ですがw
前提として、戦略は戦術を凌駕する。です^^
じつは、、
コロンビアに勝つだけなら意外にも
戦略的手段はいくらでもあったです^^;
まず、、
1、大迫を呼ぶ。
2、長谷部を引退させない。
3、原口を呼ぶ。
wwwww

きっと、あまり試合で無理しなくても、これで勝てたでしょう^^
まず1ですが、、代表招集には年間7回の範囲で、
国際Aマッチデーの強制召集の権利があります。
権利は強烈で、クラブ側は無論、選手も拒否できません( ゚∀゚; )
大迫は、メディアの報道を信じれば、プレーできるレベルまで回復しています。また、招集無視した場合は、FIFA権限によって、後日のクラブ出場が停止となります。厳しいですねぇ^^w
なので大迫の招集は無理すれば可能なんです。
んがしかしw親善試合で、そんな強引な召集をする自国協会を、、
クラブも大迫も、その後、断固認めないでしょうww
ただし、4年間で、このコロンビア代表との親善試合が最も重要であれば、呼んでしまえば良いだけの事。この1試合に勝つだけならそれで良し^^。なのです^^。
2ですが、原則、代表引退宣言は選手が勝手に行うもの。
現状長谷部はクラブでプレーできています。現役プロ選手です。
なので宣言しようが、なんだろうが、招集すれば拒否権はありません。無視すれば上記同様、クラブでの出場が出来なくなるだけです。
例外として、FIFAに代表からの引退を認めさせる文書を提出受諾している場合、もしかしたら呼べないです^^;
なので、協会は代表引退なんぞ今後させなければ良いw
カズは未だ代表引退していないですw
3ですが、ただ呼べば良いだけw原口自体はキレキレでしたからw
上記のとおり、強制召集は可能です。
まず、以上3点でコレが可能になります。

      大迫
中島          乾
    原口  香川

      長谷部
長友          室屋
    昌子  富安

      東口

現状のコンディションで、低調のコロンビア相手に、
この布陣なら、いくらでも勝てたでしょう^^w
あ、あと、、審判団ですが、、
ホームアドバンテージは生かしたいです。
審判は買収すると迄いかなくても、
オーストラリアセットはまずかったです。
日本びいきのシンガポールの審判団などを用意
したかったところですね^^
そして、事あるごとに睨んで、つっかけます。
出来れば黄色カードを連発させたい^^
そうそう、W杯の悪夢を再び^^で良きです。
兎にも角にも、
前半で相手の戦う心を削ぐことが勝利への最大の近道です。

ここまでで、親善試合のコロンビア代表に対して、
「今、勝つ」
だけの戦略完了です^^
どうでしょう^^これで勝利の下地は完成w
勝つには、ここまで下準備が必要です。

ただ勝つだけなら、いくらでもなのです^^w
後進は育ちませんがwそれでも、
中島、富安といった才能は出てくるものです。

さて、
戦術的には2つ^^
まず
1、南米チームは熱しやすく冷めやすい。
フレンドリーマッチは尚更です。^^
南米のチームに勝つには、、ずばり最初の30分です^^
ここで2点が必要です。
なので後半は考えず全力でかき回しましょう。
なにせ、、6人交代できますw
後半からいくらでもイキのいいのが投入できます。

2つめは、
上記フォーメーション。
これまで、日本代表はワントップというより、
変則2トップで、、ワントップの下にインサイドハーフを一人、
でしたが、香川と原口を並べることで、
楔のパス時に大迫が戻す相手を選択できます。
コレは世界の現代サッカーのスタンダードですね^^
原口と長谷部は交互にポジションチェンジ。
長友は香川の位置以上には上がらない。室屋もです。
SBの守備は相手に突っ込まず、
相手の攻撃を遅らせる事だけに集中。
センターコンビはこのままで良し^^
富安のハンドは誰がやっても取られるでしょう。
あるいわシンガポール審判団なら見逃しますw
PKで負けたのは、そこまでに2点以上獲ってなかったからです。
あの、ベルギーから2点先制したチームなんですw
コロンビアから出来ないわけもない^^;
ちなみにここ数年で、ベルギーから2点先制したチームは、、
おそらく日本代表だけですww

今、目の前の敵を葬るだけなら、
手段はいくらでもあると思うのです。^^
んでも、この試合が、後の勝利に結びつく事が肝要かと思います。
生意気な発言で、すみませんです┏○))

さて、ようやく本題です^^
昔のサッカーの縦一は、、じつわ今も有効なんです^^
とってもコンパクトにしているので見えにくいですが、
カタチを変えて継承されているんですよー^^
意味のない事など何もないです。
tommy88さんの時代のサッカーがあるからこそ今があります。
なので、その時代のサッカーにも最大の敬意を払いますですよ^^

さて、、それとはまた別問題で、負けが確定した瞬間てか、、
ハーフタイムも含めて、、
フィギュアにチャンネルを回していたのは、
当然ですねwww何せあっちは世界選手権wwド本番です。
マサルちゃんは、。女子なのにw勝利を願ってつけられた名前。
彼女には勝利が似合いますねぇ^^。

いつもご訪問ありがとです^^でわでわ♪
by 猫毬 (2019-03-23 07:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。